2016年8月20日 (土)

本覚寺の大クス

静岡県静岡市駿河区池田1379 本覚寺境内 撮影2014.9 巨樹MAP

目通り7.0m 樹高35m 樹齢800

149w400_2 152w200_2伊勢神明社の北約700mに本覚寺があります。1308年に創立したという日蓮宗のお寺です。広大な境内には樹木が繁茂し、白壁の塀の外と内に大きなクスが枝を張っています。

本覚寺の大クス(クスノキ科)

樹高 35m 目通り周囲 7m 枝張り 35m

このクスノキは、本覚寺創建当時(1308)からあったといわれているもので、クスノキに見る美しい樹形を呈し巨樹として知られている。

 クスノキは暖地に多く自生する常緑樹である。材は堅く、香気があり、建築材・楽器材・彫刻材などに使われており、また材からは樟脳が採れる。

 昭和593月  静岡市」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

伊勢神明社の大クス

静岡県静岡市駿河区小鹿886 伊勢神明社境内 県指定天然記念物 撮影2014.9 巨樹MAP

143147市街地をレンタサイクルで巡りました。途中小雨がぱらつく中を急ぎ駆け抜けました。伊勢神明社は小鹿という場所にあります。地図を見ると東名高速道路の日本平サービスエリアの近くになります。市街地の東のはずれで周りには茶畑が残っています。鳥居をくぐり、拝殿右に高く聳え立つ御神木の大クスです。

「樹高28.0m 目通り周囲11.4m 根際15.03m 枝張り東27.0m 西17.0m 南18.0m 北25.0m

このクスノキは、樹勢が良好でクスノキに見る美しい樹形を呈し、静岡県でも巨樹として知られ貴重なものである。

社伝によれば、この大クスは元亀天正のころすでに大木であり村人から神木としてたたえられていたという。したがって樹齢は一千数百年を経ているものと思われる。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月30日 (火)

唐楓

新潟県長岡市呉服町1-4-1 撮影2014.7 巨樹MAP

146Img_3753Img_3754 長岡駅近辺にはいくつかの資料館や記念館があります。最初に見たのが「長岡戦災資料館」です。昭和2081日夜、B29125機飛来し、焼夷弾16万発を長岡の街に投下しました。市街地の8割が焼失し、約1500人が亡くなったといいます。次に幕末の越後長岡藩輩出の風雲児「河井継之助記念館」を見学しました。司馬遼太郎「峠」の主人公です。政治信条「民は国の本、吏は民の雇」。最後に「山本五十六記念館」です。太平洋戦争を指揮した軍人、連合艦隊総司令官です。自筆の記録や手紙をみると誠実で広い視野をもった努力家の姿が見えてきます。開戦には反対だったそうです。この記念館の入口に唐楓が植えられていました。樹齢70年ほどなるのにちっとも大きくありません。昨年7月には葉っぱが青々としていましたが、今年の4月にはすっかり葉が落ち、屋根付き囲いが設置されていました。きれいに剪定されています。

「山本元帥御愛育の名木「唐楓(とうかえで)」

この楓は、山本五十六が鎌倉在住の頃に自ら買い求め、以後大切に育てられていたものである。

 昭和14年、海軍次官官舎より青山の自宅に転居する際には、「その楓は、もとからかんしゃにあったものじゃないから持っていこう」と、移しかえたという逸話が残っている。

 南青山の旧山本邸は、都市開発の関係で取り壊されたが、その際に有志の御尽力により一反移植され、丹念に生育された後、平成22年秋に山本五十六記念館に寄贈されたものである。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

神木香椎 棺かけの椎

福岡県福岡市東区香椎 橿日宮(かしいのみや)跡 撮影2013.12 巨樹MAP

Img_2294w400_2 本殿右側を抜け道路に出ると古宮跡の看板があり中へと進みました。ここは仲哀天皇の古宮跡です。階段を登ったところに朱の柵に囲まれた椎の木が一本、神木香椎、棺かけの椎という伝説の木です。

「棺掛椎
仲哀天皇の御遺業を完遂せんとし給ひ 神功皇后は天皇の喪を秘し 天皇の御棺をこの椎木に立て掛けられ 恰も天皇親臨の御前会議を開かれた この時御棺より薫香漂ひたるにより 香椎の名起るとの地名伝説もあり」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

御神木 綾杉

福岡県福岡市東区香椎4-16-1 香椎宮境内 撮影2013.12 巨樹MAP

Img_2289w400 西鉄香椎宮駅下車徒歩10分、勅使道と呼ばれる楠木の並木参道を歩きます。香椎宮の楼門も筥崎宮同様立派で形もそっくりです。楼門をくぐり本殿の方に進むと、朱の垣に囲まれた奇妙な形の御神木の綾杉があります。根が繋がっているのか5本密生しています。最も老木の一本は倒れてまた起き上ったような不屈の姿を見せています。

「御神木 綾杉

神功皇后様が「とこしえに本朝を鎮め護るべし」と祈りこめられてお植になった杉で紀元860年(西暦200)のことであります。

ちはやふる香椎の宮のあや杉は  読人不知

神のみそきにたてる成りけり     新古今和歌集

秋立つや千早ぶる世の杉ありて   夏目漱石 」

「綾杉

神功皇后三韓より御帰還の節、三種の神宝を埋めてそのしるしに杉の小枝を挿し神霊をこの杉に留め給ひ仲哀天皇の御側近く永任祈られ大和にお帰りになられた。昔からこの杉の葉に守り札と不老水を添えて朝廷に奉っている

この杉は普通の形と異なり葉は海松の如く大小の葉あたかも綾の如く交互に出ているので綾杉と称し、樹齢1800年根の直径5m若芽根より生じ、古来植継ぐことなしと伝わる。

-香椎宮御由緒畧記より- 」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

御神木筥松

御神木筥松
福岡県福岡市東区箱崎1-22-1 筥崎宮境内 撮影2013.12 巨樹MAP
Img_2272w400 筥崎宮で目を見張るのが本殿前にある大きな楼門です。扁額には「敵国降伏」と書かれています。大クスの傍にも蒙古軍船碇石が置かれていましたが、蒙古襲来にそなえ敵の降伏を祈願したものと思われます。楼門の手前右側に御神木筥松があります。松は2本立っていてどちらもまだ若木にみえます。
 「御神木筥松
筥崎宮の御祭神、応神天皇が筑紫国宇美の里(粕屋郡宇美町)にてお生まれになった時(西暦200年)その御胞衣を筥に納めて浪の音も静かな白砂青松の浄地に埋め標の松を植えたと伝えられている。
それがこのところであってその後この地を箱崎と称えこの松を「標の松」又は「筥松」といい御神木として尊んでいる。千早振る 神代に植えし箱崎の 松は久しき 標しなりけり (続古今集)法印行清」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

筥崎宮の大楠

福岡県福岡市東区箱崎1-22-1 筥崎宮境内 撮影2013.12 巨樹MAP

Img_22631 地下鉄箱崎線の箱崎宮前駅で下車、地上に出るとそこは筥崎宮の参道です。広々とした参道に石造りの重厚な鳥居が立っているのが印象的です。大楠はさらに進んで、もう一つの鳥居(一之鳥居)をくぐった右側にありました。案内板は「大楠 樹齢800年」とだけ記載されています。主幹は45m先は失われ、蔦がからまり、中の空洞が透けてみえます。一部枝葉が残るもののもはや死に体の様相です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

水城の木樋

福岡県太宰府市石坂4-7-2 九州国立博物館 撮影2013.12 巨樹MAP

Img_2257Img_2256 太宰府天満宮の裏山に九州国立博物館があります。大きな建物で玄関ホールは吹抜けになっており広大な空間です。山笠も優に入ることができます。

4階展示場の入口に檜の木樋の底部が水城の模型とともに置かれていました。

「水城の木樋 飛鳥時代 7世紀 観世音寺

「日本書紀」に水城は「大堤を築きて水を貯えしむ」と記されている。水城土塁の外側の濠に内側から導水した巨大な木樋が存在した。この木樋はその材の一部で、江戸時代に水城から掘り出された。木材は自然乾燥により湾曲している。樹種は檜。」
 
水城(みずき)とは何なのかと思い調べてみました。これは粘土と砂を交互に重ね丸太で突固めて作った土塁のことで、長さは1.2km77m高さ9mあります。664年太宰府は西日本の政治の中心地で、唐や新羅の外敵から守るためにこの堤防を築いたとのことです。福岡側には濠があって太宰府側から水を送って水を溜めました。土塁の下部に通した導水管が木樋で、材の厚さ20cmあり、組み合わせて箱型をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

御神木 飛梅

福岡県太宰府市宰府4-7-1 太宰府天満宮境内 撮影2013.12 巨樹MAP
Img_21721 
本殿に向かって右側に御神木の飛梅があります。頑丈な柵の中に3株の白梅が植えられていました。「飛梅」の大きな立札が立っています。「飛梅伝説」からこの名が付いたようです。そういえば京都の天神さんの近くの駅とバス停は「北野白梅町」だったと頭をよぎりました。

「御神木 飛梅

天神様(菅原道真公)は都をおたちのとき庭前の梅に別れを惜しまれて

東風吹かば

におひおこせよ梅の花

あるじなしとて春な忘れそ

と詠まれました

 この梅が天神様のあとを慕い一夜のうちに飛来したとうい有名な飛梅です

この御神木の梅実で奉製しました「飛梅御守」は一代守として古来より深く信仰されています」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)

大宰府神社のヒロハチシャの木

 福岡県太宰府市宰府4-7-1 太宰府天満宮境内 国指定天然記念物 撮影2013.12 巨樹MAP

目通り6.5m 樹高15.3m 樹齢約700
Img_2229w400 
なんとも奇妙な名前の木です。はじめてお目にかかりました。若葉の味がチシャ(レタスの和名)に似ているからチシャの木というようです。
「天然記念物ひろはちしゃの木
本樹はひろはちしゃの木の巨木にして樹齢約700年、昭和106月文部省より天然記念物に指定されたものであります。
太宰府天満宮」

「天満宮の社殿西側にあり、樹高15.3m、幹囲約6.5m、根元周囲約9.7mを測ります。大正3年の落雷のため幹の上部は折れ、幹は高さ約10m位まで空洞になっています。本樹はわが国最大のヒロハチシャノキです。」 太宰府市HPより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

大宰府神社のクス(夫婦樟)

福岡県太宰府市宰府4-7-1 太宰府天満宮境内 国指定天然記念物 撮影2013.12 巨樹MAP

目通り10.6m,4.4m樹高17m,18m 樹齢1000-1500
Img_224611
 昨日畑に男爵イモを植えました。今年は農協で種イモを買い、畝もしっかり準備したので、収穫が楽しみです。職場の同僚におすそ分けを公言したのでちゃんと育てないといけません。

さて大宰府神社の巨樹はまだまだつづきます。境内には3本のクスの天然記念物があり、大樟とこの夫婦樟2本がそれにあたります。場所は本殿の背後にあたります。2本並んでいつまでも“つかず離れずそして寄り添う...。こんな夫婦の関係でいたいと思います。

「夫婦樟

樟は筑紫路を代表する樹木で、太古の昔より自生し、天神の森を形成している。その中でも特に大樟樟といわれ、大正113月に他の一本とともに国指定天然記念物に定められたのが夫婦添って立つ姿に見えるので、この名がついた。樹齢は千年から千五百年と推定される。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

大宰府神社のクス(大樟)

福岡県太宰府市宰府4-7-1 太宰府天満宮境内 国指定天然記念物 撮影2013.12 巨樹MAP

目通り12m 樹高39m 樹齢1000-1500

Img_22081Img_22221_3 大宰府は池に架かる太鼓橋が印象的です。この橋を渡ると以前来た時の記憶がよみがえります。境内のあちこちに立つクスノキが美しい景観をつくっています。写真のクスノキが境内で一番大きいといわれている大樟で、国の天然記念物に指定されています。木があまりに大きいのと、カメラが後ろに引けないことから一枚の写真に収まらず、フォトショップで合成しました。幹がたまらなくいいです。太くどっしりと安定感があります。

「大樟(楠)天然記念物

本樹は楠の代表的な巨樹。

樹齢は千年とも千五百年とも言われている。大正11年国の天然記念物に指定される。

高さ39m、根廻20m、目通12m貴重なる樹木として保護を要す。

注意

一、 根土をふみ固めぬこと

一、 根幹枝などを傷つけぬこと

一、 樹の附近にて火気を用いぬこと

右注意されたし

もしこれを犯した者は国法により罰せられるべし

大正133

文部省」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

太宰府天満宮の梅林とクスノキの森

福岡市太宰府市宰府4丁目 太宰府天満宮境内 撮影2013.12 巨樹MAP 

Img_2157w400 大宰府天満宮は会社の慰安旅行で一度来たことがあります。今回はゆっくりと時間をかけて見てまわりました。西鉄太宰府駅を降りるとすぐに参道があり、お土産屋さんが軒を連ねます。名物の「梅ヶ枝」を買いおいしくいただきました。鳥居を過ぎると境内で、すぐ右手に東風吹かばの歌碑があり「かおり風景百選」認定書のプレートがありました。天満宮の境内には大きなクスノキや全国から捧げられた多数の「献梅」を見ることができます。

「(かおり風景百選)認定書

かおり風景の名称 太宰府天満宮の梅林とクスノキの森

所在地 福岡県太宰府市

右は良好なかおり環境保全上特に意義があるものと認められるのでここに「かおり風景百選」の一つとして認定します。

平成131112

環境大臣 川口順子」

「祭神菅原道真に縁のある梅林の中に、クスノキが境内をところ狭しと生育しており、特有の風景を醸し出している。境内には1976000本の梅が生育しており、1月から4月上旬まで梅の香りが楽しめる。また、4月末から5月末の新緑時には樹齢1000年とも言われる大樟を含む51本のクスノキのかおりも楽しむことができる。太宰府天満宮は天満宮の総本山。クスノキのうち2本は国の天然記念物、49本は「天神の森(樟)」として県指定され保護されている。」 -環境省HP-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

櫛田の銀杏

福岡県福岡市博多区上川端町1-41 櫛田神社 境内 県指定天然記念物 撮影2013.12 巨樹MAP

目通5.98m 樹高20,8m 樹齢1000

Img_2129w400Img_2126w180Img_2137w180 博多駅から徒歩で櫛田神社に向かいました。10分ほどで到着します。博多山笠が奉納される神社で、櫛田神社の飾り山笠が常設展示されています。銀杏の根元に置かれているのは「元寇」蒙古軍の船の碇だといいます。
 

「銀杏は中国語読みの影響があってギンナンと発音される。福岡ではギナンといわれたりもする。標準的な和名はイチョウである。葉の形が家鴨の水かきに似るところから、中国で鴨脚といわれ、その発音がヤーチャオであるところからイチョウの名がおこっている。イチョウは中国原産であるが、その渡来は非常に古く平安時代には知られていたようである。樹勢が強く、剛壮な樹形になって、葉が独特な扇形をするので当時から珍しいこともあって神格木として扱われ、神社、仏閣に多く植栽されてきた。従って各地に老大木が多い。
 櫛田神社境内のイチョウは、大正7年の本樹保存記念碑に樹齢1000年以上と記載されているが、正確なところは不明である。現在の直径が190cmほどであるから、1年間の直径生長が平均して2mmとすると950年となるが、普通はこれより生長はいいので1000年以下であろう。しかし600年は超しており、樹齢の古さからいっても、また樹木規模の大きさからいっても極めて群を抜く、風格のある名木である。
 根張りはなく、太幹が5mほど立ち、ここから幹は数本に分岐して樹冠を広げている。平成元年1月の調査で樹高208m、胸高周囲598cm、根元周囲652cm、樹冠の幅は、東側10m、西側7m、北側6m、南側9mの規模である。樹齢が古いため、幹下部にはかなり腐朽が入り、空桐化している。また太枝は多く先端で伐られて短くなっている。
 孤立する大木は極めて風害を受けやすいが、このイチョウもこれまでにかなり台風の害を受けて太枝が折損しており、また落枝を恐れて事前に枝を詰めることもしばしばであるから、本来の姿からはかなり変貌している。最近では昭和628月の台風12号で、北東側の太枝3本が折損し、樹形がかなり不整となった。
 樹皮は厚く太枝の分岐部では樹皮にマサキ、ネズミモチ、キズタなどの低木と蔓が鳥の運搬によって種子が落ち、着生生長している。これも老木の風格を強めている。イチョウは適潤肥沃な土地を好み、萌芽性が強く先端の折損がおこっても下方から萌芽によって次第に置かわっていくが、この櫛田のイチョウも冲積の土譲に生え、樹勢はそれほど衰えているとは見えない。参拝客や駐車によっての踏圧が著しいことが重大な影響を与えているが、なお、今後も枝葉を繁茂させていくことと思われる。
 櫛田の銀杏は櫛田神社の神木として古くから広く崇敬されており、博多祝い歌にも「さても見事な櫛田の銀杏、枝も栄ゆりゃ葉も繁る」と謡い囃されている。今後も保存には十分留意していく必要がある。

 イチョウは化石時代に栄えた原始的な樹種で、111種の裸子植物であり、雌雄異株であるが、このイチョウは雌性で、付近の雄木から花粉を受けて秋に沢山の果実を産する。」
 -福岡市HPより-

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

新・羽衣の松

静岡県静岡市清水区三保 三保の松原 撮影2013.11 巨樹MAP
目通り2.5m 樹高15m 樹齢200年

Photo

Img_1988Img_2056w180Img_2374_3 明けましておめでとうございます。
11月に三保松原に行きました。「日本三大松原」の一つで7kmの海岸に約5万本の松林が連なります。この一角に天女が舞い降りて羽衣を掛けたという羽衣の松があります。先代は幹だけを残し切り落とされ、30m近傍の「新・羽衣の松」に代替わりしました。
8月に初めて富士山に登りました。登山口で美化協力にとビニール袋を渡されましたが、なんとおどろいたことにゴミ一つ落ちていませんでした。素晴らしいことです。この状態がずっとつづきますように。富士山は三保松原を含めて世界文化遺産に登録されました。青い海と松原越しに浮かぶ富士はまた格別でした。

「三保の松原のシンボルとして長い閒愛されてきた先代「羽衣の松」に代わりその後を継いだ「新・羽衣の松」平成二十二年十月に数世紀ぶりの世代交代が行われました。
静岡県」

「羽衣伝説
昔々、三保に伯良という漁師がおりました。ある日のこと、伯良が松の枝にかかっている美しい衣を見つけて持ち帰ろうとすると、天女が現れて言いました。「それは天人の羽衣です。どうかお返しください。」
ところが伯良は「天人の羽衣なら、お返しはできません。」と言いました。
すると天女は「その羽衣がないと天に帰ることができません。」と言って懇願しました。

伯良は天上の舞を舞うことを約束に羽衣を返しました。天女は喜んで三保の春景色の中、羽衣をまとって舞いながら、富士の山に沿って天に昇っていきました。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

滝の入タブの木

埼玉県飯能市大字上直竹下分301番地 富士浅間神社裏山 県指定天然記念物 撮影2013.9 巨樹MAP
目通り5.5m 樹高20m 樹齢推定700
Img_2405Img_2394Img_2393 滝の入タブの木を見に行きました。飯能駅から西南方向に約10km飯能パークゴルフ場の向かい側になります。富士浅間神社の裏山を15分ほど登りますが、熊出没の看板があったりして心配になりました。航空写真をみると、タブの木の周りはすっぽりと天空が広がり、陽の光をめいっぱい浴びることができます。

「埼玉県指定天然記念物
滝の入タブの木
 飯能市大字上直竹下分301番地
 昭和6331日指定
 富士浅間神社の裏山にあるこのタブの木は、樹高約20m、目通り5.5m、根回り7m、枝張り東西27m、南北25mをはかり、樹齢推定700年である。
 タブの木はクスノキ科の常緑高木で別名「イヌグス」とも呼ばれ、温暖地によく自生する。わが国では四国、九州、本州南部に多く見られる。この滝の入タブの木は育成状況も旺盛で、すでにこの種の標準を大きく上回っており、わが国のタブの木分布範囲の北限を記録する。
 
平成73
 埼玉県教育委員会
 飯能市教育委員会
 富士浅間神社」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

飯能の大ケヤキ

埼玉県飯能市大字川寺392 明神神社境内 県指定天然記念物 撮影2013.9 巨樹MAP
目通り6.5m 樹高28m 推定樹齢700
Img_1679_2Img_1665_4Img_1686_2飯能駅の近く、東南方向に歩いて78分の神明神社境内にたっています。枝振りのよい大木ですぐにわかりました。訪れたのは9月、台風の後でしたが枝葉が落ちていただけで、しっかり持ちこたえました。この台風で宇都宮の「新町のケヤキ」が倒れてしまったと聞きました。枝振りが良いだけに、このケヤキも相当な風の抵抗を受けたはずです。こうした試練に耐えてがんばる巨樹は偉大です。
「埼玉県指定天然記念物
飯能の大ケヤキ
飯能市大字川寺392番地
昭和26331日指定
 この大ケヤキは、かつて「奥ヶ谷神明社」と呼ばれていた神明神社の境内の木立に抜きん出て、傘を広げたようにそびえ立っている。
 樹高約28m、目通り6.5m、根回り11m、枝張り東西29m、南北24m、樹齢推定700800年。
 大ケヤキの枝下9mの本幹は一本の直幹でよく伸び無傷で、この上部から分岐する枝は四方によく伸長している。樹勢はきわめて旺盛でまれにみる大木である。ケヤキはニレ科の落葉性高木でわが国の特産種であり、埼玉の県の木に選ばれている。
平成73
埼玉県教育委員会
飯能市教育委員会
神明神社」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月30日 (土)

柳原神社のケヤキ

長野県長野市中御所1-4-1 柳原神社境内 撮影2013.7 巨樹MAP
Img_1539_2 Img_1180_2  長野駅前の大通りで偶然目にしたケヤキの巨樹です。神社境内にはケヤキ3本、クヌギ2本、イチョウ1本が保存樹木に指定されています。一番大きいのがこのケヤキで、御神木としてどっしりと構えています。この神社は都市計画道路の拡幅により土地の分割を余儀なくされ、本殿は移転新築されています。幸いにもこのケヤキは移転をまぬがれたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

大川戸の大イチョウ

埼玉県北葛飾郡松伏町大字大川戸2412 八幡神社境内 県指定天然記念物 撮影2013.5 巨樹MAP
目通り9m 樹高28m 推定樹齢650
084 100  東武伊勢崎線せんげん台駅東口から、まつぶし緑の丘公園か松伏町役場行きバスに乗り、小杉産業前で下車してすぐ、八幡神社境内のイチョウの巨樹です。
「大川戸の大イチョウ
県指定記念物(天然記念物)
昭和7331
八幡神社(大字大川戸)の大イチョウは、推定樹齢650年と言われ、樹高約29m、幹まわり約9mを測ります。八幡神社の社叢(町指定天然記念物)の中にあって、ひときわ目をひく巨木です。樹皮を煎せんじて飲むと母乳の出が良くなるとの言い伝えがあります。
※折れた枝が落下することがあるため、強風時やその直後の見学は、十分にご注意ください。 松伏町 HPより」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

しめつりの御神木

東京都青梅市沢井 青渭神社奥の院 撮影2013.5 巨樹MAP
Img_1215_5Img_1216_5 5月の連休に奥多摩の高水三山に登りました。御岳渓谷北岸の高水山759m、岩茸石山793m、惣岳山756mの三つの山を総称して高水三山といいます。

 青梅線の軍畑(いくさばた)で下車し、まず高水山を目指します。途中トレイルラン大会開催の案内をいくつか見かけました。惣岳山頂には青渭(あおい)神社奥の院があります。10分ほど下ると3本の杉と檜の巨樹があらわれます。傍に「御神域 しめつりの御神木 青渭神社」の立札があり、注連縄が張られています。

 この尾根道は関東ふれあいの道として整備されておあり、このまま下り御嶽駅に下山しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«飯能・ザクロの里