« 川口のいちょう | トップページ | 清水八幡神社のいちょう »

2005年7月 9日 (土)

愛宕神社のいちょう

愛宕神社のいちょう
千葉県野田市野田 愛宕神社 撮影 2005.6.25
DVC00020-v300  東武野田線「愛宕駅」から歩いて5分のところに愛宕神社があります。ここの境内(隣接する西光院の境内かも?)に大きないちょうの樹があります。このいちょう、台風か雷に打たれたらしく大変傷んでいます。幹は中央で折れており、根元は大きく裂かれ、剥がれた樹皮一枚で生きています。「首の皮一枚」とはこのことです。樹の生命力はすごいです。
 ここ野田の愛宕神社は童謡「かごめかごめ」の発祥の地だそうです。愛宕神社といえば京都に全国の総本社があり、私の生まれた丹波の山奥では愛宕さんに端を発した火の祭り「上げ松」が例年うら盆の8月24日頃に行なわれています。

|

« 川口のいちょう | トップページ | 清水八幡神社のいちょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/7332704

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕神社のいちょう:

« 川口のいちょう | トップページ | 清水八幡神社のいちょう »