« 偕楽園の太郎杉 | トップページ | 地蔵ケヤキ »

2005年8月13日 (土)

白旗山八幡宮のオハツキイチョウ

茨城県水戸市八幡町8-54 国指定天然記念物 撮影2005.8.3 
目通り5.8m 根回り9.5m 樹高35m 推定樹齢700年
P8020011-v300 徒歩で偕楽園から八幡宮へ向かいました。八幡宮は住宅地の裏側にあるのですが入り口に迷いました。この日は千葉の高校総体に参加するバレーボールの選手団が必勝祈願のお参りをしていました。
神社境内に御神木として立つこのイチョウ、幹から幾重にも乳根が垂れ下がっていました。

「八幡なる神の社の御葉付の公孫樹の如く千代に栄えむ」(よみ人しらず)
「指定天然記念物 葉付公孫樹
葉の先に実を結ぶこの銘木は本邦五本の中に数えられ樹齢700年しかも樹勢誠に見事である。全国第一の珍と称せられる所以である。 昭和4年4月2日国指定」

|

« 偕楽園の太郎杉 | トップページ | 地蔵ケヤキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/7343412

この記事へのトラックバック一覧です: 白旗山八幡宮のオハツキイチョウ:

« 偕楽園の太郎杉 | トップページ | 地蔵ケヤキ »