« 新勝寺の大ケヤキ | トップページ | 大聖寺のタブノキ »

2006年1月21日 (土)

王城のケヤキ

長野県佐久市岩村田古城3468 王城公園 県指定天然記念物 撮影2006.1
目通り9.15m 根回り12.05m 樹高26m
P1110001-v300  20年前、信越線で急勾配の碓氷峠を越え、小諸から小海線で岩村田まで来た事がありました。今回は新幹線の佐久平駅から歩いて王城公園に来ました。公園は高台になっており、桜並木の奥にケヤキの巨樹はありました。周りは断崖絶壁でうっかり足をすべらすと危険です。帰りに岩村田の商店街を歩きましたが街全体に変化がなく活気が失せていたのが気になりました。
「王城のケヤキ
中世(鎌倉・室町時代)佐久地方東部に威を張った大井家宗家の大井城(平山城)のシンボルとなっている。この地方稀に見る巨木で樹下に市神、道祖神、石尊、不動金毘羅の諸神を祀り城跡は王城公園として市民に親しまれている。
根回り周12.05m 目通り周9.15m 樹高枝先高26m幹高14.9m 枝張南北31m東西31m
長野県指定天然記念物 昭和61年3月28日
所在地 佐久市大字岩村田あざ古城王城公園内
所有者 荒宿十二社
佐久市教育委員会」

|

« 新勝寺の大ケヤキ | トップページ | 大聖寺のタブノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/8269603

この記事へのトラックバック一覧です: 王城のケヤキ:

« 新勝寺の大ケヤキ | トップページ | 大聖寺のタブノキ »