« 万葉の藤 | トップページ | 八王子の白藤 »

2006年2月 4日 (土)

如法寺八幡社の大杉

新潟県三条市如法寺 八幡社 市指定天然記念物 撮影2006.1
目通り4.35 樹高31m 推定樹齢300~400年
P1170032-v300  三条駅から吹雪の中をずいぶん歩きました。ふもとの集落から神社までは急な山道を登ります。「元旦に雪かきをしたから大丈夫」と地元のおばあさん、行ってみると15cm程の積雪でした。革靴の私は一歩ずつ雪を踏み固めて登りました。大杉は分厚い樹皮に覆われてまっすぐにのびています。
 三条市は刃物で有名です。江戸幕府が信濃川の氾濫に苦しむ農民のために釘鍛冶職人を招き、和釘を指導したのが始まりだそうです。この釘はL字型で太さに微妙な変化を付けてあります。打ちやすい、曲がらない、抜けない、ひびが入らない等の特徴があります。
「三条市指定文化財 如法寺八幡社の大杉
如法寺八幡社の大杉は市内有数の大木で、目通り(目の高さの外周)4.35m高さ31mで健康な状態を保持している。大木を崇めて大切にしてきた昔の人々の心情がしのばれる。」

|

« 万葉の藤 | トップページ | 八王子の白藤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/8500617

この記事へのトラックバック一覧です: 如法寺八幡社の大杉:

« 万葉の藤 | トップページ | 八王子の白藤 »