« 妙徳寺の梅 | トップページ | 東京国立博物館前のユリノキ »

2006年2月12日 (日)

大けやき

茨城県つくば市栗原1599 鹿嶋神社 市指定天然記念物 撮影2006.2
目通り6m 根廻り12m 樹高約20m 樹齢数百年
P1300009-v300  鹿嶋神社は桜川の流域にあり、周りは水田地帯、近く筑波山を望む古くからの集落にあります。大けやきは鹿嶋神社の拝殿左側にあります。樹皮は雲母状にあちこち大きく剥がれ、幹の後ろには大きなたんこぶをつけ老木の貫禄十分です。拝殿正面には小さな土俵があり相撲が取られているようです。

 「いい木でしょう?この木」「この木はね、このもっと上の、坂の上の家にあったの。それを皆で役所に頼んで、ここに移してもらったの。私も父さんと一緒に区役所へ行った。父さんが怒鳴ると迫力あるからね。何しろ元暴走族だから....」「私ね。この木と一緒に大きくなったの。学校へ通っている時も、遊びで出かけて帰るときも、いつもこの木が見ていたのね。私この木と親友なの。私がこういうと、弟は笑うけど、父さんはわかるって言う」
「いいお父さんだね」
「よくなんかないよ子供をちゃんとした学校にも行かさずに家で働かすオヤジだよ」
 最近読んだ伊集院静の「短篇集冬のはなびら」陽だまりの木より。定年退職の当日、主人公は通勤電車から毎日見ていた欅の巨樹に逢いに行きます。そこで出会った町工場で働く若い娘との会話です。

|

« 妙徳寺の梅 | トップページ | 東京国立博物館前のユリノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/8627800

この記事へのトラックバック一覧です: 大けやき:

« 妙徳寺の梅 | トップページ | 東京国立博物館前のユリノキ »