« 本郷の大楠 | トップページ | 西武秩父駅前のラクウショウ »

2006年5月27日 (土)

駒つなぎのケヤキ

埼玉県秩父市中町16-10 今宮神社 県指定天然記念物 撮影2006.5 
目通り7.9m 樹高27.9m 推定樹齢1000年
P5020016v300  西武秩父駅から歩いて10分のところに今宮神社があります。「天文4年(1535)には当地に疫病が流行したため、京都今宮神社より須佐之男命(すさのおの命=健康神・樹木神)を勧請して今宮神社を創建しました。」とあります。神社境内にあるこのケヤキ、幹は雷に飛ばされたのか短くなっていますが、この胴回りは最高です。じっと見ていると元気が出てきます。
「埼玉県指定天然記念物
駒つなぎのケヤキ
秩父市中町16番10号(今宮神社境内)
昭和19年3月31日指定
 ケヤキは山野に多く見られるニレ科の落葉高木で、庭木や並木・防風林として植栽されることが多く、「埼玉県の木」にも指定されています。
 実は、長さ3~7cmの長卵形で先がとがり、縁が鋸歯状になっています。また、4月~5月頃には新葉とともに淡黄緑色の小花を開きます。
 今宮神社(当時今宮坊)は、江戸幕府の崇敬が厚く御朱印地十石の寄進を受けていたことから、江戸幕府の要職にあった武士が今宮神社を参詣し、このケヤキに馬をつないだという由来から「駒つなぎのケヤキ」と呼ばれ現在に至っています。
 このケヤキは推定樹齢千年で埼玉県下でも最大級の大樹です。
幹周り 7.9m
樹高 27.9m
枝張り 34.3m
平成2年3月
埼玉県教育委員会 秩父市教育委員会」

|

« 本郷の大楠 | トップページ | 西武秩父駅前のラクウショウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/10262434

この記事へのトラックバック一覧です: 駒つなぎのケヤキ:

« 本郷の大楠 | トップページ | 西武秩父駅前のラクウショウ »