« 百年桜 | トップページ | 愛染カツラ »

2006年7月22日 (土)

天神宮のケヤキ

長野県上田市岩下 市指定天然記念物 撮影2006.6
目通り10.5m 樹高13m 推定樹齢千数百年
P6120006v300  しなの鉄道の上田から一駅、信濃国分寺で下車徒歩15分、線路沿いに国道18号を東へ歩きます。神川橋を過ぎ線路を横断すると、前方に岩下の集落が見えます。集落中央に大きな屋敷林のごとく見えるのが天神宮のケヤキです。このケヤキ、東西に5~6m離れて二株ありました。両方とも落雷の跡が残っており、黒こげの幹がむき出しになっています。また東側の株は元々3本あったようです。2本の枯れ株が複雑に絡み合い、なんともすさまじい光景です。
「市指定記念物(植物)
文化財保護条例第5条の規定により左記の通り指定する。

一、 種別 記念物(植物)
一、 名称 天神宮のケヤキ
一、 所在地 上田市岩下117番地
一、 指定年月日 昭和52年3月12日
 東西に並ぶ2本のケヤキの大木は、東側が樹高12m目通り周囲10.8m、西側のそれが約13mと10.5mである。
 いずれも樹幹中心に落雷の跡が歴然としており中央部は空洞化しているが、まわりの樹皮が発達し成育している。
 東側の一本は根本から独立した一つの幹があり、その目通り周囲は3.3m、樹勢も旺盛である。
 この2本の大木は推定樹齢が千数百年として市内でも最古の大木と考えられるところから、貴重な存在である。
保存上の注意
・ 樹僕の周囲では喫煙、たき火、等を厳禁する。
・ 樹木を大切に保護すること。
・ 許可無く現状を変えないこと。
    昭和52年3月
      上田市教育委員会」

|

« 百年桜 | トップページ | 愛染カツラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/10985405

この記事へのトラックバック一覧です: 天神宮のケヤキ :

« 百年桜 | トップページ | 愛染カツラ »