« めおと杉 | トップページ | 水戸城跡の大シイ »

2006年7月30日 (日)

西善寺のコミネカエデ

埼玉県秩父郡横瀬町横瀬598 県指定天然記念物 撮影2006.6
目通り3.5m 樹高9m 樹齢600年
P6210001v300  西武秩父駅の一つ手前の横瀬駅下車徒歩30分に、秩父34カ所霊場8番札所、西善寺があります。途中、武甲山の石灰から製造されるセメントの工場やベルトコンベア、住宅等が目につきます。石灰の採掘により武甲山の山容は大きく変貌しました。
 西善寺の門をくぐり石段を下りると、本堂前の境内いっぱいに枝を広げるモミジの巨樹に魅せられてしまいました。幹や枝ぶり、そして根の張り出しのバランスが良く、巨大な盆栽のようです。境内はよく手入れが行き届き、地面一面に苔が繁茂し、まるで庭園を観賞している気分です。
 この地域では「こみねもみじ」と呼ばれているようです。私もカエデよりもモミジと呼ぶほうに親しみを感じます。またこのカエデ、葉の切れ込みから見るとコミネカエデではなくイロハモミジのように見えましたが、樹種と呼び名は別なのかも知れません。モミジは横瀬町の町の木に選定されています。

|

« めおと杉 | トップページ | 水戸城跡の大シイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/11150595

この記事へのトラックバック一覧です: 西善寺のコミネカエデ:

« めおと杉 | トップページ | 水戸城跡の大シイ »