« 津田八幡神社の楠 | トップページ | 東根の大ケヤキ »

2006年8月26日 (土)

津田八幡神社の楠(神社側)

徳島県徳島市津田西町 1-8-2津田八幡神社 撮影2006.8
目通り6.1m 樹高17m
P8100006w400 P8100001w400w200  津田八幡神社の正面左に立つ楠で、幹のあちこちにこぶをつけいます。まっすぐに伸びた、落ち着きのある楠です。
 この付近を地図を見ると津田の先は埋立られ、広大な貯木場や木材工業団地ができています。
 徳島県はその76%を森林が占めるといいます。昔から優れた木材の産地で、切り出した木材は吉野川や那賀川、勝浦川に筏を組んで運送されました。市内に点在していた貯木所や製材所をここに集めて、津田木材工業団地が造成されたようです。また徳島市周辺には家具等の木工所も多く、特に仏壇は日本一の生産を誇っているといいます。
 これらを象徴するように、県庁ロビーには樹齢400年の杉の切り株を利用した、庁舎案内用パネルが置かれていました。

|

« 津田八幡神社の楠 | トップページ | 東根の大ケヤキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/11616048

この記事へのトラックバック一覧です: 津田八幡神社の楠(神社側):

« 津田八幡神社の楠 | トップページ | 東根の大ケヤキ »