« 大宮社の御神木(枯死) | トップページ | 経ケ峯の高野槇 »

2006年11月11日 (土)

瑞鳳殿の杉並木

宮城県仙台市青葉区霊屋下 撮影2006.10
目通り5.5m 樹高45m 樹齢380年
Dvc00004w400  「瑞鳳殿」は仙台藩初代藩主伊達政宗が眠る霊廟です。政宗自らここを終焉の地と定めたとのことです。見学コースに従い、息子の二代目藩主忠宗の御廟「感仙殿」や孫の三代藩主綱宗の御廟「善応殿」も観てまわりました。これらは昭和20年の戦災で消失しましたが、昭和54年、昭和60年のそれぞれ再建されました。
 入口から瑞鳳殿につながる参道にこの杉並木はあります。参道の石段は戦災から免れたので仙台藩当時の情景をそのまま感じ取ることができました。

|

« 大宮社の御神木(枯死) | トップページ | 経ケ峯の高野槇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/12657173

この記事へのトラックバック一覧です: 瑞鳳殿の杉並木:

« 大宮社の御神木(枯死) | トップページ | 経ケ峯の高野槇 »