« 上田城のけや木並木遊歩道 | トップページ | 大宮社の御神木(枯死) »

2006年11月 4日 (土)

科野大宮社の社叢

長野県上田市常田2-22 市指定天然記念物 撮影2006.10
目通り6.53m 樹高27m
Pa2300231w192w180_2 Pa2300241w192w180_2 Pa2300251w192w180_2 Pa2300291w192w180_2

上田駅から東へ約700m、国道141号線から一本入った通りに面して科野大宮社があります。鳥居をくぐると参道の左右に一本ずつ、右奥にもう一本計3本の大きなけや木がありました。上田市街の各神社で大きなけや見かけましたが、このけや木が一番大きいけや木です。左側境内広場には大きなイチョウの木があり、この日は風が強く、風吹くたびにイチョウの実(種子、ぎんなん)がぱらぱらと降り注ぎ、ごらんのように地面一面黄色に染まっています。
      「市指定記念物(天然記念物)
         記
一、種別  記念物(天然記念物)
一、 名称  科野大宮社の社叢
一、 所在地 上田市大字常入字上常田723-1番地
一、 指定年月日 昭和44年5月9日
 科野大宮社は、大巳貴命(おおなむちのみこと)と事代主命(ことしろぬしのみこと)を祭神とする。延喜式にはないが、それ以前からの古社で、国分寺との関係も考えられ、あるいは信濃国府の総社であったかとも思われる。境内は東西49m、南北38m、面積2,142平方メートルで、社叢の30余本のうち主なものは、けやき4本(枯死した神木1本を含む)、すぎ3本、むろ2本、大いちょう1本などがある。
昭和47年3月10日 上田市教育委員会」
                                                                                           

|

« 上田城のけや木並木遊歩道 | トップページ | 大宮社の御神木(枯死) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/12536367

この記事へのトラックバック一覧です: 科野大宮社の社叢:

« 上田城のけや木並木遊歩道 | トップページ | 大宮社の御神木(枯死) »