« 新宿御苑のハクモクレン | トップページ | 新宿御苑のイチョウ »

2006年12月10日 (日)

新宿御苑のカツラ

東京都新宿区内藤町 撮影2006.11
目通り4.6m 樹高13.5m
Pb220021w400_2  御苑銘木のひとつ中の池にあるカツラです。カツラは日本原産、谷間の肥沃地を好む落葉高木で全国的に分布します。このカツラは満身創痍(まんしんそうい)全身傷だらけです。幹がカビやキノコに傷められ、腐って折れたようです。現在白い包帯を巻いて治療中です。御苑では他にも治療中の樹木が目立ちます。モミジバスズカケノキ、ケヤキ、ホオノキなども包帯でグルグル巻かれて手当てを受けていました。この白い包帯、他では見られない光景で、強烈な印象を受けました。
 カツラの名前は、葉に香りがあるカヅ(香出)ラに由来するといわれています。黄葉するときに、砂糖をこがしたような甘い香りが漂います。

|

« 新宿御苑のハクモクレン | トップページ | 新宿御苑のイチョウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿御苑のカツラ:

« 新宿御苑のハクモクレン | トップページ | 新宿御苑のイチョウ »