« 明治神宮外苑銀杏並木 | トップページ | 香取神宮の森 »

2006年12月23日 (土)

香取神宮の御神木

千葉県香取市香取 香取神宮 撮影2006.12
目通り7.4m 樹高33m 推定樹齢1000年
Pc060004w400_1  香取市は平成18年3月に佐原市、小見川町、山田町、栗源町の1市3町が合併して誕生しました。このあたりは、大昔霞ヶ浦や手賀沼にも及ぶ大きな内海が存在しており、古くから水郷として知られてきました。香取神宮は、下総国の一宮として古代より鎮座しており、「香取市」の市名の由来は香取郡すなわち香取神宮からきています。「香取神宮の森」は県の天然記念物に指定され、巨木が林立しています。帰りはタイミングよく佐原行きのバスがありました。これが大変カラフルな「小江戸佐原お散歩バス」です。バスの乗客は私一人でした。
「御神木
樹齢 千余年と伝ふ
目通り約7.4m 落合直文この杉を詠みて
「このめぐりいくさかありと四人(よたり)して
   いだけどたらず神のふる杉」

|

« 明治神宮外苑銀杏並木 | トップページ | 香取神宮の森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/13169621

この記事へのトラックバック一覧です: 香取神宮の御神木:

« 明治神宮外苑銀杏並木 | トップページ | 香取神宮の森 »