« 旧細川邸のシイ | トップページ | 大洞院の大銀杏 »

2007年8月13日 (月)

密厳院のイチョウ

埼玉県吉川市高久38 密厳院境内 県指定天然記念物 撮影2007.8 巨樹MAP
目通り5.34m 樹高30m 推定樹齢800年
P8110011w400P8110012w200  JR武蔵野線吉川駅下車南へ約1kmにあります。樹高が高いのですぐに分かりました。樹の周りに置かれた保護石はこのイチョウとよく調和しています。柵で囲うよりもこういう工夫が気に入りました。
「密厳院のイチョウ
所在地 吉川町高久38 医王山錫杖寺(しゃくじょうじ)密厳院
大きさ 高さ約30m、太さ5.34m、根回り12.05m、
枝張り東11.2m 西9.5m 南8.6m 北10.7m
指定年月日 昭和47年3月28日
 中川左岸の自然堤防上、密厳院境内のほぼ中央にある独立樹で雌木である。当院本尊である地蔵菩薩は恵心僧都(942~1017)の作と伝えられ、古来より子育て安産の地蔵尊として広く尊信を受けているところから、この境内の大イチョウは別名「子育てイチョウ」として親しまれている。
 イチョウの雄木の巨木はかなりあるが、雌木で数多くの銀杏をつける大イチョウはこの密厳院のイチョウが関東一とされている。しかし昭和55年10月の台風20号によって被害を受けたため、回復樹勢事業を実施して今日に至る。
平成5年3月
埼玉県教育委員会
吉川町教育委員会」

|

« 旧細川邸のシイ | トップページ | 大洞院の大銀杏 »

コメント

はじめまして、ちーず。といいます。
ちょくちょく見に来ていたんですが、コメントを書くのは初めてかもしれません。

イチョウの木、立派ですねー!!
樹齢800年かー。
鎌倉時代からのイチョウなんですねー、スゴイなぁ~。
鎌倉の鶴岡八幡宮にもイチョウがあるけど、もっと小さい気がします。
鶴岡八幡宮のイチョウはオスの木みたいです。

投稿: ちーず。 | 2007年9月11日 (火) 15時20分

ちーずさん
イチョウは中国が原産です。遠い昔、中国に渡った僧侶等によってもたらされたと思いますが、その生命力を反映してか、これまで見てきた中で、巨樹の樹種ベスト1です。しかも見た目もいろいろ、不思議な木です。鎌倉の鶴岡八幡宮行ってみたいです。

投稿: ジロー | 2007年10月 7日 (日) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/16097642

この記事へのトラックバック一覧です: 密厳院のイチョウ:

» そらいろ新聞:銀杏とかいてイチョウ? [ほぼ日刊そらいろブログ新聞]
銀杏って書くと、ギンナンって読みます? 公孫樹と書いても、イチョウって読むんですよね。 僕の分類と... [続きを読む]

受信: 2007年9月11日 (火) 14時50分

« 旧細川邸のシイ | トップページ | 大洞院の大銀杏 »