« 有明の松(伐採) | トップページ | 村雨のマツ(むらさめのまつ) »

2007年10月21日 (日)

常春寺のカヤ

茨城県石岡市三村3114 常春寺境内 撮影2007.9 巨樹MAP
目通り5.2m 樹高18m 樹齢500年
Pa050049w400 Pa050051w200 常春寺は、三村城主平常春を開基として元亀2年(1571年)頃創建された曹洞宗のお寺です。場所は石岡市の南部、三村城址(現三村小学校)附近にあります。元亀4年(1573年)に常春は小田天庵の大軍に攻められ、城は落城しました。4人の部下を従えて落ちのびようとしましたが、城東の泥田に馬を乗り入れ25歳の若さで戦死しました。
 この榧の木は平成13年3月に樹勢回復の手当が施されたとあります。枝葉がすっかり切り落とされたようで丸裸状態です。大丈夫でしょうか心配です。

|

« 有明の松(伐採) | トップページ | 村雨のマツ(むらさめのまつ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常春寺のカヤ:

« 有明の松(伐採) | トップページ | 村雨のマツ(むらさめのまつ) »