« 吉田家のクスノキ | トップページ | 金王桜 »

2007年12月31日 (月)

熊野神社のクスノキ 2株

東京都葛飾区立石8-44-31 熊野神社境内 区指定天然記念物 撮影2007.12 巨樹MAP
Pc310012w180_2 Pc310006w180_2 Pc290049w200 京成青砥駅から南へ、中川の堤防沿いに徒歩7分、中川の大きな蛇行に挟まれて熊野神社はあります。社殿の左右に対になって2本のクスノキが立っています。右側の楠は落雷に遭ったのでしょうか、黒く焼けた跡が見られます。
 境内に本田ウリの説明板がありました。本田とは昔の地名で、江戸近郊の農村として瓜が盛んに栽培され、本田ウリと呼ばれていたといいます。農家は収穫すると中川を下り本所を流れる堅川、小名木を通り江戸に運びました。本田ウリは大ブリで格段に美味しい水菓子と評判でした。熟すと銀白色となり、真桑瓜の金マクワに対し銀マクワと呼ばれたそうです。
「天然記念物
熊野神社のクスノキ 2株
所在地   葛飾区立石八丁目44番31号
登録年月日 平成元年(1989)3月20日
 このクスノキは熊野神社の神木で、社殿の両側に一対になっています。高さはいずれも約25m、目通りの周囲は右の樹が約3.80m、左の樹が約3.74mあり、樹齢は300年前後と推定されます。
 区指定天然記念物の「吉田家のクスノキ」(堀切三丁目)と並ぶ、区内有数の名木で、木の勢いはいまなお盛んです。
葛飾区教育委員会」

|

« 吉田家のクスノキ | トップページ | 金王桜 »

コメント

あけましておめでとうございます。

全国をまたにかけての巨樹拝見、当地北海道にはない樹種も多く、興味深く拝見しております。

今年もよろしくお願いいたします。

投稿: 樹生和人 | 2008年1月 4日 (金) 08時04分

おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。
ブログを始めてから今年でまる3年になりますが、巨樹としてよく目にかかる樹種はだいたい出つくしたのかなと思います。今後は新しい樹種に出会えるのが楽しみです。

投稿: ジロー | 2008年1月 6日 (日) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/17539099

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野神社のクスノキ 2株:

« 吉田家のクスノキ | トップページ | 金王桜 »