« 日本大通りのイチョウ並木 | トップページ | 熊野神社のクスノキ 2株 »

2007年12月30日 (日)

吉田家のクスノキ

東京都葛飾区東堀切3-13-1 区指定天然記念物 撮影2007.12 巨樹MAP
目通り5.44m 樹高20m 推定樹齢500年
Pc290020w400 Pc2900241w200 常磐線綾瀬駅から20分、吉田家の庭に立っています。周りが次々建て変わる中でこの母屋は昔のままです。おうちの方に丁寧に案内していただきました。関東大震災の時には家が三日三晩揺れる中、このクスノキに寄り添って過ごしたそうです。樹勢は旺盛で、瘤が2つでてきて大きくなっているのが分かります。地域の子供達の見学会では、白蛇伝説に関心があつまります。昭和4年の落雷の際に、幹の空洞に棲む白蛇が2匹、大枝の分かれ目に現れたといいます。
「区指定天然記念物 吉田家のクスノキ
所在地   葛飾区東堀切3-13-1
指定年月日 昭和51年(1976)3月6日
 クスノキは、クスノキ科に属し、主に亜熱帯地方に産する芳香のある常緑高木です。
 このクスノキは、区内最大のもので、地上5mのところで2本の大枝に分かれ、高さは19m、目通り周囲4.2m、枝張り東西15.5m、南北14m、樹齢は450年と推定されます。
 昭和4年(1929)8月に落雷のため、幹の空洞の内部の一部が焼けましたが、木の勢いはなお盛んです。
 このクスノキがあるため、古くから吉田家は「クスノキさん」と呼ばれています。
葛飾区教育委員会」

|

« 日本大通りのイチョウ並木 | トップページ | 熊野神社のクスノキ 2株 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/17518120

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田家のクスノキ:

« 日本大通りのイチョウ並木 | トップページ | 熊野神社のクスノキ 2株 »