« 櫓杉(やぐら杉) | トップページ | 善光寺のいぶきびゃくしん »

2008年8月24日 (日)

桂並木と善光寺

長野県長野市 善光寺表参道(中央通り)撮影2008.8 巨樹MAP

Cam_0015w400善光寺に立ち寄りお参りをしてきました。JR長野駅から中央通り(表参道)に出て、30分ほど歩きます。緩やかな坂になっており帰りはとてもらくちんでした。行く途中に桂並木がありました。
「桂並木と善光寺
 ここ善光寺の表参道「中央通り」には、約1.4kmの桂並木が続いています。全国的にも珍しいこの桂並木は、善光寺にゆかりのある樹木です。
 古来、度重なる大災に見舞われた善光寺ですが、国宝に指定されている現本堂は江戸時代の宝永4年(1707年)に健立され、以来その荘厳なたたずまいを保っています。この壮大な本堂を支える108本の柱には、桂と欅の大木が用いられています。桂の木は従来、長野近郊ではあまり見られないため、本堂に使われた桂の木は佐久方面で切り出され、千曲川を下り善光寺平まで運ばれたのではないかという説があります。用材集めに運搬、加工、普請に全国から人工や大工が集められ、そして落成したばかりの巨大な本堂で入仏供養が厳かに行われる・・・。そんな歴史を想いながら、この桂並木があの柱のような大木になるのかと想像すると楽しいですね。
平成13827
長野中央ライオンズクラブ 」
「カツラ
カツラ科カツラ属
我が国特産で日本各地に自生し、樹高は30m位までになり、葉はハート形をしています。
 春先に黒紅色の花をつけ、夏から秋に葉が彩り、その葉を乾かして粉にしてお香をつくるので、コウノ木(香の木)とも言われます。
 善光寺本堂にもカツラの木が使われています。」

|

« 櫓杉(やぐら杉) | トップページ | 善光寺のいぶきびゃくしん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂並木と善光寺:

« 櫓杉(やぐら杉) | トップページ | 善光寺のいぶきびゃくしん »