« 公孫樹 | トップページ | 諏訪神社社叢 »

2008年9月20日 (土)

愛宕神社のケヤキ

栃木県小山市宮本町1-1-7 愛宕神社境内 市指定天然記念物 撮影2008.9 巨樹MAP
目通り7m 樹高24m 推定樹齢600
Dvc000291w400Dvc000321w200畑掘りをしました。ミミズの数が着実に増えています。ミミズは土つくりに欠かせません。これからキャベツ、白菜、レタスなどを植えます。“自給自足に勝るものなし”連日の汚染米報道にこんなことを思っています。
 山城公園内の散策コースの案内板に、この近くの愛宕神社に天然記念物のケヤキがあることを知りさっそく向かいました。歩いて5分程、国道沿いの市役所と須賀神社の中間を少し入ったところにあります。小さな神社で看板も出ていないので、気づかずに通り過ぎてしまいました。
「愛宕神社のケヤキ(天然記念物)
 ケヤキはニレ科の落葉高木で本州の各地に分布している。ケヤキの名はケヤケキ木、すなわち目立つ木の意味を持つという。それほどの大木となる。
 このケヤキは、小山義政が康暦元年1379、領内の五穀豊饒と領民の家内安全を祈願して愛宕神社を勧請したとき、御神木として植えたとの言い伝えがあり、樹齢600年余と推定される。稀に見る古木である。
 現在の樹形は大正二年1913の大火により樹冠が類焼、これが原因で樹冠上部を欠いている。
 樹高24m 目通り約7m
 枝張り 東西25m 南北21m
 指定年月日 昭和471218
 所在地 小山市宮本町1丁目17
 所有者 愛宕神社
小山市教育委員会」

|

« 公孫樹 | トップページ | 諏訪神社社叢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/42534203

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕神社のケヤキ:

« 公孫樹 | トップページ | 諏訪神社社叢 »