« 浅間神社のケヤキ | トップページ | 鹿島神宮の杉 »

2010年1月11日 (月)

有瀧家のタブノキ

埼玉県越谷市中町8-26 市指定天然記念物 撮影2009.12 巨樹MAP
目通り3.7m 樹高17m 推定樹齢400
Cam_11111_2 Cam_22222_2 「越谷市指定 天然記念物
有瀧家のタブノキ
昭和42年1月11日指定
 タブノキは、クスノキ科の常緑喬木で暖地に自生する。一名イヌグスとも呼ばれ、クスノキに較べてはるかに耐寒性が強いが樟脳は採れない。
 有瀧家のタブノキは、幹回りは3.7m、樹高は17m、枝張り(径)は10mである。幹の1.5mのところに寄生菌サルノコシカケ寄生跡があったが、昭和59年に除去し消毒したので、あと何百年かはその寿命を保つとみられている。その樹齢は400年以上と推定されている。
平成143月 越谷市教育委員会

|

« 浅間神社のケヤキ | トップページ | 鹿島神宮の杉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/47263743

この記事へのトラックバック一覧です: 有瀧家のタブノキ:

« 浅間神社のケヤキ | トップページ | 鹿島神宮の杉 »