« マキの群落 | トップページ | 海上八幡宮のイヌマキ »

2010年7月12日 (月)

神明宮のイチョウ

千葉県銚子市高田5丁目神明宮境内 撮影2010.5 巨樹MAP
目通り4.60m 樹高15m
P5270013w400_2P5270016w200  

三浦しをん著「神去なあなあ日常」を読みました。
横浜の若者が高校を卒業して神去村という山奥で林業の仕事につくという話です。京都京北の山村で育った私はこの小説で描かれている山の仕事、植林や下刈り、枝打ち、杉吊り(雪起こし)などを手伝ったことがあります。実体験した私にとってこの小説は、山の記憶を思い起こさせてくれました。そしてこのように林業を丁寧に描写した著者に感服しています。

神明宮という神社のイチョウです。境内は広場になっていて、形のよいイチョウが一本単独で立っています。

|

« マキの群落 | トップページ | 海上八幡宮のイヌマキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/48856639

この記事へのトラックバック一覧です: 神明宮のイチョウ:

« マキの群落 | トップページ | 海上八幡宮のイヌマキ »