« 小田原城跡のイヌマキ | トップページ | 幸神神社のシダレアカシデ »

2011年3月20日 (日)

小田原城跡の巨マツ(オオマツ)

神奈川県小田原市城山1-900 小田原城祉公園内 市指定天然記念物 撮影20108巨樹MAP

目通り5.3m 樹高30m 樹齢400年(推定)
P90400831w400P9040088w200  311日の未曾有の大地震から一週間が過ぎました、被災地の皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
 私は外を歩いていて地震に遭いました。はじめて体験する大きな揺れに、すぐそばにあった児童公園に退避しました。地鳴りと、建物がきしむ不気味な音の中、近隣の住民が一斉に外に飛び出して来られました。当日は交通機関がストップし、職場から34kmを歩いて帰宅しました。途中東向島では、ご婦人からお皿に盛ったおにぎりの差し入れをただきました。四ツ木では父と子が紙を手に立っておられました。「自宅のトイレを使って下さい」と書かれています。帰宅した深夜、京都の親友から「大丈夫か」と安否確認のメールが届きました。無事を伝えると「テレビでは死亡300人、不明500人以上だが数万人死亡かも知れない!! 何かせねば!! 」と返してきました。「居ても立っても居られない」彼の姿が浮かびます。私も微力ながら被災地の皆様の力になりたいと思います。
 
小田原城跡の石段を上り常盤木門をくぐると本丸広場に出ます。この門の真裏にオオマツは立っています。常盤木とは常緑樹の意味で門のそばにあった松になぞらえてこの名前がつけられたとのことです。この松、樹高が30mと高木で東側に傾いています。支柱に支えられていますが苦しそうです。
「かながわの名木100選  昭和59年選定
小田原城跡の本丸の巨マツ(おおまつ)
和名:クロマツ(マツ科,
天保年間の相中雑誌に「御本丸に七本松という老松....」とある松の生き残りと思われる城跡内最大の巨木である。
小田原市の天然記念物に指定されている。
樹高    30m
胸高周囲 5.3m
樹齢    約400年(推定)
クロマツは、本州から九州の海岸に生える常緑の針葉高木で、アカマツとともに防風林、砂防林や街道の並木などに植えられることが多い。樹高45m、胸高周囲10m、樹齢約800年に達するものもあると言われている。」 

|

« 小田原城跡のイヌマキ | トップページ | 幸神神社のシダレアカシデ »

コメント

初めまして。私も撮影地などで面白い樹木があれば撮る方です。最近樹木の事などを調べていたら巨樹拝見にたどり着き2度ほど参考にさせて頂き撮影しました。旧細川邸のしいの木とか新宿御苑のハクモクレンを撮影しました。見ごたえのある樹木ですね。今日小田原城の方に足を運ぶつもりです。

投稿: たにやん | 2011年3月26日 (土) 07時07分

たにやんさん
きれいな写真を拝見しました。素晴らしいです。
人の目で見るよりカメラを通して見たほうがより鮮明に見ることができますね。
私は最近カメラを買い換えたのですが、以前にもまして、ピンボケと逆光になやまされています。

投稿: ジロー | 2011年4月10日 (日) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/51173515

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原城跡の巨マツ(オオマツ):

« 小田原城跡のイヌマキ | トップページ | 幸神神社のシダレアカシデ »