« 石割桜 | トップページ | 津波被災樹木 »

2011年10月30日 (日)

龍谷寺のモリオカシダレ

岩手県盛岡市名須川町7-2 龍谷寺境内 国指定天然記念物 撮影2011.7 巨樹MAP
根本周2.2m 樹高6.1m 推定樹齢 150
P7280028w400 P7280025w200
石割桜から通称寺町通りを北へ15分ほど歩くと右手に龍谷寺があります。啄木の母方の伯父がここ龍谷寺の住職を明治4年から25年間つとめました。啄木の父と母の縁が結ばれたのもこの寺です。少年時代はこの伯父から詩歌の手ほどきを受けたと言われています。
 本殿の前にこのしだれ桜があります。石割桜につづけてこの桜も国指定の天然記念物です。樹幹はすっかり葉で覆われています。満開の時は見事な花を咲かすことでしょう。
 「この桜は、大正9年(1920)、国の天然記念物調査員三好学先生が龍谷寺で発見された新種で、エドヒガンオオシマザクラの雑種である。樹性はシダレ性で、シダレヒガンに近く、葉形はソメイヨシノに近い。裏面が殆ど無毛、子房と花柱も無毛である。平成5(1993)の測定によれば、根本周2.2m、樹高6.1m、枝張り8,0m、主幹の大部分が腐朽し、辺材の一部が生きて生育を続けている。総樹齢は150年ぐらいといわれ、交雑種樹木の最大値に近いものと認められている。昭和1193日、国の天然記念物に指定された。」

|

« 石割桜 | トップページ | 津波被災樹木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍谷寺のモリオカシダレ:

« 石割桜 | トップページ | 津波被災樹木 »