« 松石 | トップページ | 雲取山のモミ »

2013年5月26日 (日)

天満宮の槇

埼玉県北葛飾郡杉戸町下高野424 天満宮境内
目通り 4.0m 樹高22m 樹齢約600年 町指定天然記念物 撮影2012.11 巨樹MAP
Nec_0004w400 Nec_0007w200 東武動物公園駅は宮代町にありますが、公園開園前の旧駅名は杉戸駅といったそうです。駅の西口は宮代町、東口は杉戸町と二つの町の玄関になっています。
 杉戸町の町名の由来は、昔はスギ林が鬱蒼としていたといいますが、付近を歩いたかぎりでは想像もできません。そういえば宮代町の木造庁舎は開放的でした。地元の杉材を使ったといいますが、宮代町にはスギ林はないと思います。
 東武線と平行して大落古利根川が流れていますが、杉戸町と宮代町の境界になっています。江戸時代初期まではこちらが利根川の流路でした。
「町指定天然記念物 天満宮の槇
 ここの天満宮は、菅原道真を祭神として、1025日が祭礼の日となっている。しかし神社がつくられた年代は明らかでない。天満宮は、天を祭る信仰から始まったものである。
 この境内にある槇は、高さ22m、幹の太さ周囲4メートル、樹齢約600年と言われ近隣市町にも見当たらない巨木である。そのため、昭和37228日、天然記念物として、杉戸町指定文化財となった。
 槇には、コウヤマキ・イヌマキ・ラカンマキ等があるが、この天満宮のマキの正しい名前はイヌマキといい、マキ科の常緑樹である。イヌマキは、関東地方から沖縄までの暖かい地方に自生し、高さ25m、太さ周囲3mにも達し、庭や生垣、建築材などにも利用されている。
 杉戸町教育委員会」

|

« 松石 | トップページ | 雲取山のモミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/57466516

この記事へのトラックバック一覧です: 天満宮の槇:

« 松石 | トップページ | 雲取山のモミ »