« 樫 | トップページ | 大宮公園のアカシデ »

2013年7月14日 (日)

氷川参道の並木

埼玉県さいたま市大宮区吉敷町~高鼻町 市指定天然記念物 2013.1撮影 巨樹MAP
Img_0627400_2Img_0631180Img_0625180_2 大宮駅から東へ歩いて10分ほどで氷川神社の参道入り口に着きます。大宮の地名はこの神社に由来するとのこと、参道には立派なケヤキ並木が立ち、長大な緑樹帯を形成しています。並木はもともと赤松でしたが立枯れて、明治初期に杉が植樹され、その後、戦後に現在のケヤキ並木へと変化したようです。
 
氷川参道の一の鳥居から氷川神社まで続く南北約2キロメートルにわたる並木は、ケヤキを中心とした武蔵野特有の常緑広葉樹や落葉広葉樹のほか約30種、およそ680本の高木などで構成されています。この内、屋敷内のものは除き、幹回り2メートル以上(指定時)の大木20本(ケヤキ19本、クスノキ1本、)が指定されています。」 ―― さいたま市HP ―――

|

« 樫 | トップページ | 大宮公園のアカシデ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/57788832

この記事へのトラックバック一覧です: 氷川参道の並木:

« 樫 | トップページ | 大宮公園のアカシデ »