« 丹生樹(たんしょうじゅ) | トップページ | 飯能・ザクロの里 »

2013年10月28日 (月)

猪狩の大樅 (伐採)

埼玉県飯能市大字飯能258-1 飯能市郷土館 2013.4撮影 巨樹MAP
Img_1102Img_1101Img_1109_3

飯能市郷土館を見学しました。「入間川の筏流し」が展示されていました。山から切り出した木材を筏に組んで江戸まで運びました。名栗地区を出発して5日目には千住に着いたそうです。埼玉県西部地域の林業は「西川林業」と言われています。江戸から見ると、「西の川筋から流されてくる木材」なので「西川材」と呼ばれるようになったそうです。
 
郷土館を入ったところに、このような輪切りの大木がパネル付きで展示されていました。既に伐採された樅の大木です。
 
「猪狩の大樅 (伐採)
所在 吾野明神社
 この輪切りの大木は、埼玉県指定天然記念物の「猪狩の大樅」です。平成31月、朽損部の手入れをして切り取った一部です。
 日本武尊がこの地で猪を退治したときに植えたという伝説のある、樹齢500年と推定される樅です。日本武尊は古代の伝説上の英雄で、時代も異なっていますが、この木と結びつけた面白い話です。
 この場所で、秩父の旅人の往来を長い閒見つめてきました。
 この写真は手入れ後の写真です。展示したものは鉄板でおおった上の部分で、地上から10mほのところです。中は腐って空洞になっていました。
 平成10年に指定解除となった後、残された枝も折損落下する可能性がでてきたため、惜しまれつつも伐採されました。」

|

« 丹生樹(たんしょうじゅ) | トップページ | 飯能・ザクロの里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/58467652

この記事へのトラックバック一覧です: 猪狩の大樅 (伐採):

« 丹生樹(たんしょうじゅ) | トップページ | 飯能・ザクロの里 »