« 猪狩の大樅 (伐採) | トップページ | しめつりの御神木 »

2013年11月 3日 (日)

飯能・ザクロの里

埼玉県飯能市山手町5-17 観音寺境内 撮影2013.4 巨樹MAP
Img_108611_2Img_11431  筏を流したという飯能河原に下りてみました。川幅は100m以上ありそうです。水もきれいで川遊びにはもってこいの場所です。筏流しの名残でしょうか、上流に堰がありボート場になっています。大堰川の堰を思い出します。
 観音寺周辺を歩くと境内だけでなく、歩道や商店の店先などにザクロの植栽が多いことに気づきます。飯能名物づくり事業の一環だといいます。観音寺境内の飯能鬼子母神像は西川材の檜一木づくりです。右手に熟れたザクロを持っています。
「飯能・ザクロの里の由来
 ザクロは、今から千年以上も昔、中国から飯能にもたらされて以来、吉祥の庭木として古くからこの地に根付いてきました。観音寺にあるザクロゆかりの鬼子母神堂は、堂の下に弘法大師が遣唐使として学んだ長安(西安市)青龍寺の土が埋められており、ザクロの美しい街、西安「青龍寺」と、ザクロの里飯能「観音寺」とも友好のシンボルになっています。また堂内の飯能鬼子母神像は佐藤敏明作で、右手にザクロを持ち、地元西川材の檜一木づくりの逸品です。境内に植栽された多くのザクロの銘木と、郷土館に通じる此処ザクロ坂の並木と共に、市内各所に散在するザクロは商店街を飾る庭木箱を含めて千本を越え、初夏の花や秋の果実が葉の緑と美しいコントラストを見せて、飯能がザクロの里といわれる由来になっています。ザクロの里づくりは、飯能商工会議所が進めてきた飯能名物づくり事業の一環でもあり、ザクロの妖精「パム」のキャラクターやザクロ関連商品など多岐に渡り、ザクロの里に彩りを添えています。」

|

« 猪狩の大樅 (伐採) | トップページ | しめつりの御神木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/58506189

この記事へのトラックバック一覧です: 飯能・ザクロの里:

« 猪狩の大樅 (伐採) | トップページ | しめつりの御神木 »