« 飯能の大ケヤキ | トップページ | 新・羽衣の松 »

2013年12月29日 (日)

滝の入タブの木

埼玉県飯能市大字上直竹下分301番地 富士浅間神社裏山 県指定天然記念物 撮影2013.9 巨樹MAP
目通り5.5m 樹高20m 樹齢推定700
Img_2405Img_2394Img_2393 滝の入タブの木を見に行きました。飯能駅から西南方向に約10km飯能パークゴルフ場の向かい側になります。富士浅間神社の裏山を15分ほど登りますが、熊出没の看板があったりして心配になりました。航空写真をみると、タブの木の周りはすっぽりと天空が広がり、陽の光をめいっぱい浴びることができます。

「埼玉県指定天然記念物
滝の入タブの木
 飯能市大字上直竹下分301番地
 昭和6331日指定
 富士浅間神社の裏山にあるこのタブの木は、樹高約20m、目通り5.5m、根回り7m、枝張り東西27m、南北25mをはかり、樹齢推定700年である。
 タブの木はクスノキ科の常緑高木で別名「イヌグス」とも呼ばれ、温暖地によく自生する。わが国では四国、九州、本州南部に多く見られる。この滝の入タブの木は育成状況も旺盛で、すでにこの種の標準を大きく上回っており、わが国のタブの木分布範囲の北限を記録する。
 
平成73
 埼玉県教育委員会
 飯能市教育委員会
 富士浅間神社」

|

« 飯能の大ケヤキ | トップページ | 新・羽衣の松 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/58838282

この記事へのトラックバック一覧です: 滝の入タブの木:

« 飯能の大ケヤキ | トップページ | 新・羽衣の松 »