« 柳原神社のケヤキ | トップページ | 滝の入タブの木 »

2013年12月21日 (土)

飯能の大ケヤキ

埼玉県飯能市大字川寺392 明神神社境内 県指定天然記念物 撮影2013.9 巨樹MAP
目通り6.5m 樹高28m 推定樹齢700
Img_1679_2Img_1665_4Img_1686_2飯能駅の近く、東南方向に歩いて78分の神明神社境内にたっています。枝振りのよい大木ですぐにわかりました。訪れたのは9月、台風の後でしたが枝葉が落ちていただけで、しっかり持ちこたえました。この台風で宇都宮の「新町のケヤキ」が倒れてしまったと聞きました。枝振りが良いだけに、このケヤキも相当な風の抵抗を受けたはずです。こうした試練に耐えてがんばる巨樹は偉大です。
「埼玉県指定天然記念物
飯能の大ケヤキ
飯能市大字川寺392番地
昭和26331日指定
 この大ケヤキは、かつて「奥ヶ谷神明社」と呼ばれていた神明神社の境内の木立に抜きん出て、傘を広げたようにそびえ立っている。
 樹高約28m、目通り6.5m、根回り11m、枝張り東西29m、南北24m、樹齢推定700800年。
 大ケヤキの枝下9mの本幹は一本の直幹でよく伸び無傷で、この上部から分岐する枝は四方によく伸長している。樹勢はきわめて旺盛でまれにみる大木である。ケヤキはニレ科の落葉性高木でわが国の特産種であり、埼玉の県の木に選ばれている。
平成73
埼玉県教育委員会
飯能市教育委員会
神明神社」

|

« 柳原神社のケヤキ | トップページ | 滝の入タブの木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/58794602

この記事へのトラックバック一覧です: 飯能の大ケヤキ:

« 柳原神社のケヤキ | トップページ | 滝の入タブの木 »