« 筥崎宮の大楠 | トップページ | 御神木 綾杉 »

2015年5月14日 (木)

御神木筥松

御神木筥松
福岡県福岡市東区箱崎1-22-1 筥崎宮境内 撮影2013.12 巨樹MAP
Img_2272w400 筥崎宮で目を見張るのが本殿前にある大きな楼門です。扁額には「敵国降伏」と書かれています。大クスの傍にも蒙古軍船碇石が置かれていましたが、蒙古襲来にそなえ敵の降伏を祈願したものと思われます。楼門の手前右側に御神木筥松があります。松は2本立っていてどちらもまだ若木にみえます。
 「御神木筥松
筥崎宮の御祭神、応神天皇が筑紫国宇美の里(粕屋郡宇美町)にてお生まれになった時(西暦200年)その御胞衣を筥に納めて浪の音も静かな白砂青松の浄地に埋め標の松を植えたと伝えられている。
それがこのところであってその後この地を箱崎と称えこの松を「標の松」又は「筥松」といい御神木として尊んでいる。千早振る 神代に植えし箱崎の 松は久しき 標しなりけり (続古今集)法印行清」

|

« 筥崎宮の大楠 | トップページ | 御神木 綾杉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/61585753

この記事へのトラックバック一覧です: 御神木筥松:

« 筥崎宮の大楠 | トップページ | 御神木 綾杉 »