« 神木香椎 棺かけの椎 | トップページ | 伊勢神明社の大クス »

2015年6月30日 (火)

唐楓

新潟県長岡市呉服町1-4-1 撮影2014.7 巨樹MAP

146Img_3753Img_3754 長岡駅近辺にはいくつかの資料館や記念館があります。最初に見たのが「長岡戦災資料館」です。昭和2081日夜、B29125機飛来し、焼夷弾16万発を長岡の街に投下しました。市街地の8割が焼失し、約1500人が亡くなったといいます。次に幕末の越後長岡藩輩出の風雲児「河井継之助記念館」を見学しました。司馬遼太郎「峠」の主人公です。政治信条「民は国の本、吏は民の雇」。最後に「山本五十六記念館」です。太平洋戦争を指揮した軍人、連合艦隊総司令官です。自筆の記録や手紙をみると誠実で広い視野をもった努力家の姿が見えてきます。開戦には反対だったそうです。この記念館の入口に唐楓が植えられていました。樹齢70年ほどなるのにちっとも大きくありません。昨年7月には葉っぱが青々としていましたが、今年の4月にはすっかり葉が落ち、屋根付き囲いが設置されていました。きれいに剪定されています。

「山本元帥御愛育の名木「唐楓(とうかえで)」

この楓は、山本五十六が鎌倉在住の頃に自ら買い求め、以後大切に育てられていたものである。

 昭和14年、海軍次官官舎より青山の自宅に転居する際には、「その楓は、もとからかんしゃにあったものじゃないから持っていこう」と、移しかえたという逸話が残っている。

 南青山の旧山本邸は、都市開発の関係で取り壊されたが、その際に有志の御尽力により一反移植され、丹念に生育された後、平成22年秋に山本五十六記念館に寄贈されたものである。」

|

« 神木香椎 棺かけの椎 | トップページ | 伊勢神明社の大クス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105224/61814552

この記事へのトラックバック一覧です: 唐楓:

« 神木香椎 棺かけの椎 | トップページ | 伊勢神明社の大クス »