かし

2013年10月21日 (月)

丹生樹(たんしょうじゅ)

埼玉県飯能市飯能263諏訪八幡神社境内 撮影2013.4 巨樹MAP
Img_1092 4月に飯能駅周辺を少し歩きました。飯能市郷土館手前の鬱蒼とした森に諏訪八幡神社があり、その境内に丹生神社があります。この樫は神社の名前から丹生樹と呼ばれています。案内板が立っていましたが文字がかすれてよく読めません。
「丹生樹(たんしょうじゅ)
丹生明神のご神体は、天照大神の妹姫と言われております。
 
天照大神は日の神ですが、丹生明神は土と水の神で、生命の根元を司り結びの神様です。
 
この樫の木は、丹生大明神のご神徳を具現するかの如く桧の若木をいたわるように抱え育てております。
 この御神木を仰ぎ丹生さまの心を心とすることによって、良き縁に結ばれ夫婦が和合し、子孫が繁栄するものと思われます。
 
この御神木は、別名「抱擁樹」とも言われております。 諏訪八幡神社」

「貴重なカシ林を保存しましょう
 植物の社会では目に見えない生存競争が行われている。
 この現象は森林を伐採したときによくわかり、関東地方の平地や丘陵の場合、一般的には次のように模式化して説明されている。
 伐採跡地は土壌が流出し、乾燥が激しいため、この状況に耐えられる一年生草本類がまず発芽生育し、続いてススキやアズマネザサ等の多年生草本類が現れる。これらの植物体が枯れ積り土壌が肥えてくると、生活力の強い樹木類で、特にクヌギやコナラ等の陽あたりの良い条件で発芽生育する陽樹が入り込んでくる。クヌギ林等が生長し、林の中に入る光が少なくなると、カシ類等の日陰地で発芽生育する陰樹が現れる。カシ類が多くなって林の中が暗くなると、陽樹の種子が発芽しても生育せずに、カシの林が存続することになる。
 しかし、現在では私たちのまわりには、カシ林があまり見られないが、これは、シラカシやアラカシ等で覆われていた土地が、生活の場を拡げるために切り開かれ、人間にとって有用な樹木に変えられ維持管理されてきたためである。自然林のように見えるクヌギやコナラの雑木林も薪炭や肥料として使用され、定期的に伐採をくり返してきたために生存している。このような林を二次林という。 
 自然植生であるシラカシ林は、神聖視され伐採をまぬがれた神社等の境内地にわずかに残されている。このような林は貴重な自然であるので、郷土のシンボルとして永く保存していきたいものである。
 
昭和553月 埼玉県」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

群馬県富岡市一宮町概平 撮影2012.12 巨樹MAP
目通り5.0 樹高15m
Img_0361400Img_0368180_2


Img_0372200


この樫は富岡の名木に認定されています。上州一ノ宮駅から歩いて5分ほどのお稲荷さんに立っていました。ここは堂山稲荷古墳と看板があり古墳のようです。また、近くの合同庁舎の中庭にも小さな古墳があり驚きました。
 
富岡製糸場にも行きました。重厚なレンガ造りに魅せられ、かねてより行きたかったところです。「木骨レンガ造」という工法で造られ、柱は33cm角、15m以上の杉材が使われ、近くの妙義山から、梁は松材で中之条から伐られたといいます。明治5年に建造され、関東大震災や東日本大震災に耐えた優れものです。「富岡製糸場と絹産業遺産群」として2014年度世界遺産登録を目指しています。しかし中の機械設備などは操業停止の放置状態で、世界のお客さんをお迎えするにはあまりにもお粗末です。8月に行った綾部のグンゼとついつい比べしまいます。
「とみおか名木十選 認定樹木
樹木名 樫   所有者 堂山稲荷
富岡観光協会は市内の豊かな自然を守り二十一世紀に引継ぐことを目的として広く公募しそのなかから厳正に審査した結果この樹木が名木十選に認定されました。この素晴らしい自然木を末永く守り育てられることを祈ります。
平成元年715日 富岡市観光協会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

菅田天神社のカシ群

山梨県甲州市塩山上於曽1054 菅田天神社境内 県指定天然記念物 撮影2009.6 巨樹MAP
目通り3m 樹高23m
P1010029w400_2P1010032w200w180_2P1010022w200w180P10100061w200w180_22009080141w200w180_2 週末の楽しみは、家庭菜園の「丹波の黒豆」と「まくわ」の成長です。黒豆は正月用にします。「まくわ」は田舎にいた頃の大好物で、苗を見つけたので植えてみました。
 中央本線塩山駅から徒歩5分甲州市役所のすぐ先に菅田天神社があります。境内のカシ群が県の天然記念物に指定されています。入口社務所の前には大きなケヤキもありました。
「神社の森にはカシが沢山はえている。カシの種はツクバネガシとオオツクバネガシの二種でツクバネガシの中にも葉の大きいものと小さいものとがある。オオツクバネガシはアカガシとツクバネガシの雑種である。カシは神社の建物の周囲および境内に散在し、カシは全部で25本、樹高は大きいものは23m24mである。指定後枯死したもの2本、半ば枯れているもの2本、大部分枯れているもの2本、菅田天神社のカシは自生であると考えられる。」-山梨県HPより-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

上永谷の天神社のカシ

神奈川県横浜市港南区上永谷5-1-5 天神社社叢 撮影2008.4 巨樹MAP

Dvc00015Dvc00016w200 今日は昨年の春からはじめた市民農園の畑堀、土作りに精を出しました。桜の花に囲まれて行う野良仕事は最高です。畑の仕事は私を無心にさせてくれます。気が付けばもう日が暮れていました。

上永谷の天神さんは上永谷駅から徒歩10分にあります。付近は開発され尽くした中で、6~70mの小高い天神社の社叢林だけが残ります。山の東斜面には桜が植樹され美しく咲き誇っていました。

このカシは神奈川名木100選、横浜市名木古木指定樹に選定されています。山の中腹にあり、選定当初は根元から3本の太い幹が分かれていたようですが、今では二本は枯死し一本のみとなっています。

「神奈川県 かながわの名木100選

上永谷の天神社のカシ

和名:アカガシ(ブナ科)

幹が根元近くで3本に分かれ、それぞれ上部で枝が多数分岐し、大きな縦冠を形成している巨木である。

横浜市の名木古木に指定されている。

樹高 25m  胸高周囲 6.0m  樹齢 350年(推定)

アカガシは、東北南部から九州の山地に生える常緑高木である。樹高25m、胸高周囲5m、樹齢約600年に達するものもあると言われている。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あかぎ | あかしで | あかまつ | あこう | あめりかすぎ | あめりかすずかけのき | いすのき | いちい | いちょう | いぬまき | いぶき(びゃくしん) | うめ | うらじろもみ | えぞまつ | えのき | えんじゅ | おおしらびそ | かいのき | かき | かごのき | かし | かしわ | かつら | かや | がじゅまる | くすのき | くろがねもち | くろまつ | くわ | けやき | こうやまき | このてがしわ | こぶし | ごようまつ | さいかち | さくら | さねぶとなつめ | さるすべり | ざくろ | しい | しだれやなぎ | しなのき | しらかし | しろまつ | すぎ | すずかけのき | すたじい | すだじい | たけ | たぶのき | たらよう | ちしゃのき | つつじ | でいご | とちのき | とねりこ(たも) | はくもくれん | はるにれ | ひいらぎ | ひのき | ひまらやしーだー | ふうじゅ | ふじ | ぼだいじゅ | むくのき | めたせこいあ(あけぼのすぎ) | もみ | もみじ | もみじばすずかけのき(ぷらたなす) | ゆりのき | らかんまき | らくうしょう | りんご | 中国 | 京都府 | 兵庫県 | 北海道 | 千葉県 | 埼玉県 | 宮城県 | 宮崎県 | 山形県 | 山梨県 | 岩手県 | 徳島県 | 愛媛県 | 新潟県 | 東京都 | 栃木県 | 沖縄県 | 神奈川県 | 福岡県 | 福島県 | 秋田県 | 群馬県 | 茨城県 | 都道府県市町村の木 | 長野県 | 静岡県 | 鹿児島