えぞまつ

2013年9月24日 (火)

年輪年表(オホーツク木のプラザ)

北海道北見市泉町1丁目3-18 オホーツク木のプラザ 撮影2013.3 巨樹MAP
242w400  オホーツク木のプラザは北見駅のプロムナードを渡った反対側にあります。子どもたちが木のおもちゃで遊んでいました。
 ここにも年輪年表が置いてありました。1891年(明治24年)から1975年(昭和50年)までの85年間の北見市の歴史が記載されています。
 
地元材を使った年輪年表は地域の歴史を表すのにとても良いアイデアだと思います。年輪そのものがその地、その時を生きた証だからです。
「エゾマツ
Picea Jezoensis Carr.
樹令290年 樹高31m
胸高直径74cm 立木材積5.87
北見林務署置戸照査法試験林12照査区において(S51.12)伐取」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年輪年表(美幌林業館)

北海道網走郡美幌町字新町3丁目97-2 JR美幌駅内 撮影2013.3 巨樹MAP
165w400 JR
美幌駅の駅舎内に美幌林業館があり、寄ってみました。設立当時のパネルと思われますが、町の65%が森林で人工林率が75%、そのほとんどがカラマツ林と記されています。
 
建物の2階には輪年表が展示されていました。北海道に自生する大きなエゾマツです。宝暦12年(1762)9代将軍徳川家重の時代から始まり、昭和62年(1987)美幌町開基100年まで、226年間の日本や美幌の歴史がわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)