静岡県

2016年8月20日 (土)

本覚寺の大クス

静岡県静岡市駿河区池田1379 本覚寺境内 撮影2014.9 巨樹MAP

目通り7.0m 樹高35m 樹齢800

149w400_2 152w200_2伊勢神明社の北約700mに本覚寺があります。1308年に創立したという日蓮宗のお寺です。広大な境内には樹木が繁茂し、白壁の塀の外と内に大きなクスが枝を張っています。

本覚寺の大クス(クスノキ科)

樹高 35m 目通り周囲 7m 枝張り 35m

このクスノキは、本覚寺創建当時(1308)からあったといわれているもので、クスノキに見る美しい樹形を呈し巨樹として知られている。

 クスノキは暖地に多く自生する常緑樹である。材は堅く、香気があり、建築材・楽器材・彫刻材などに使われており、また材からは樟脳が採れる。

 昭和593月  静岡市」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

伊勢神明社の大クス

静岡県静岡市駿河区小鹿886 伊勢神明社境内 県指定天然記念物 撮影2014.9 巨樹MAP

143147市街地をレンタサイクルで巡りました。途中小雨がぱらつく中を急ぎ駆け抜けました。伊勢神明社は小鹿という場所にあります。地図を見ると東名高速道路の日本平サービスエリアの近くになります。市街地の東のはずれで周りには茶畑が残っています。鳥居をくぐり、拝殿右に高く聳え立つ御神木の大クスです。

「樹高28.0m 目通り周囲11.4m 根際15.03m 枝張り東27.0m 西17.0m 南18.0m 北25.0m

このクスノキは、樹勢が良好でクスノキに見る美しい樹形を呈し、静岡県でも巨樹として知られ貴重なものである。

社伝によれば、この大クスは元亀天正のころすでに大木であり村人から神木としてたたえられていたという。したがって樹齢は一千数百年を経ているものと思われる。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

新・羽衣の松

静岡県静岡市清水区三保 三保の松原 撮影2013.11 巨樹MAP
目通り2.5m 樹高15m 樹齢200年

Photo

Img_1988Img_2056w180Img_2374_3 明けましておめでとうございます。
11月に三保松原に行きました。「日本三大松原」の一つで7kmの海岸に約5万本の松林が連なります。この一角に天女が舞い降りて羽衣を掛けたという羽衣の松があります。先代は幹だけを残し切り落とされ、30m近傍の「新・羽衣の松」に代替わりしました。
8月に初めて富士山に登りました。登山口で美化協力にとビニール袋を渡されましたが、なんとおどろいたことにゴミ一つ落ちていませんでした。素晴らしいことです。この状態がずっとつづきますように。富士山は三保松原を含めて世界文化遺産に登録されました。青い海と松原越しに浮かぶ富士はまた格別でした。

「三保の松原のシンボルとして長い閒愛されてきた先代「羽衣の松」に代わりその後を継いだ「新・羽衣の松」平成二十二年十月に数世紀ぶりの世代交代が行われました。
静岡県」

「羽衣伝説
昔々、三保に伯良という漁師がおりました。ある日のこと、伯良が松の枝にかかっている美しい衣を見つけて持ち帰ろうとすると、天女が現れて言いました。「それは天人の羽衣です。どうかお返しください。」
ところが伯良は「天人の羽衣なら、お返しはできません。」と言いました。
すると天女は「その羽衣がないと天に帰ることができません。」と言って懇願しました。

伯良は天上の舞を舞うことを約束に羽衣を返しました。天女は喜んで三保の春景色の中、羽衣をまとって舞いながら、富士の山に沿って天に昇っていきました。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)