さくら

2011年10月30日 (日)

龍谷寺のモリオカシダレ

岩手県盛岡市名須川町7-2 龍谷寺境内 国指定天然記念物 撮影2011.7 巨樹MAP
根本周2.2m 樹高6.1m 推定樹齢 150
P7280028w400 P7280025w200
石割桜から通称寺町通りを北へ15分ほど歩くと右手に龍谷寺があります。啄木の母方の伯父がここ龍谷寺の住職を明治4年から25年間つとめました。啄木の父と母の縁が結ばれたのもこの寺です。少年時代はこの伯父から詩歌の手ほどきを受けたと言われています。
 本殿の前にこのしだれ桜があります。石割桜につづけてこの桜も国指定の天然記念物です。樹幹はすっかり葉で覆われています。満開の時は見事な花を咲かすことでしょう。
 「この桜は、大正9年(1920)、国の天然記念物調査員三好学先生が龍谷寺で発見された新種で、エドヒガンオオシマザクラの雑種である。樹性はシダレ性で、シダレヒガンに近く、葉形はソメイヨシノに近い。裏面が殆ど無毛、子房と花柱も無毛である。平成5(1993)の測定によれば、根本周2.2m、樹高6.1m、枝張り8,0m、主幹の大部分が腐朽し、辺材の一部が生きて生育を続けている。総樹齢は150年ぐらいといわれ、交雑種樹木の最大値に近いものと認められている。昭和1193日、国の天然記念物に指定された。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

石割桜

岩手県盛岡市内丸9-1 盛岡地方裁判所構内 国指定天然記念物 撮影2011.7 巨樹MAP
目通り4.6m 樹高11.0m 推定樹齢 350400
P72800051


P72800121


盛岡地方裁判所の玄関前にあります。岩の隙間に根を張り岩を押し開こうとしています。自然のめぐりあわせに感動です。
 
巨樹ならぬ巨石にも感動です。盛岡市内のあちこちで花崗岩の巨石を見ることができます。盛岡城跡公園の石垣は盛岡産の花崗岩で積み上げられ、大きな烏帽子岩と言われる巨石を見ました。岩手県名の由来がこれら花崗岩の巨石からきていました。
「石割桜
この敷地は盛岡藩の家老であった北家の屋敷跡であり、庭石の割れ目に桜の種が飛んできて芽を出し、成長とともに石の割れ目を押し広げたものと言われている。
石は、花崗岩で周囲が21.0m、桜はエドヒガン(花色からシロヒガンともいう)で樹齢は350400年と推定される。現在幹の周囲は、4.6m、樹高11.0m枝張りは東西に16.0m南北に17.1mである。石の割れ目は、北側南側共に少しずつ広がっている。
大正12年、国の天然記念物に指定され現在に至っている。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

小石川後楽園 馬場桜(枝垂桜)

東京都文京区後楽1-1-6小石川後楽園 撮影2010.8 巨樹P81000411_2MAP
園内を一周して入口正面に戻りました。ここに馬場桜という枝垂桜があります。樹齢60年、エゾヒガン
の変種で染井吉野よりも早い開花だといいます。見事な枝振りです。今度は開花時に来ようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

光厳寺のヤマザクラ

東京都あきる野市戸倉2102番イ外 都指定天然記念物 巨樹MAP 撮影2009.8
目通り5.3m 樹高17.4m 推定樹齢400
P1010034w400P1010046w200 JR五日市線の終着武蔵五日市駅から歩いたら30分以上かかりました。日が暮れる前にと急ぎ汗だくです。さらに光厳寺は高台にあるため、ゴール手前で急な上り坂が待っていました。あまりの急坂のため路面はコンクリートで滑り止めが施されています。
寺号の光厳寺は光厳天皇に由来するとのこと、山国御陵は私の田舎、親しみを感じました。
「東京都指定天然記念物
光厳寺のヤマザクラ
所在地 あきる野市戸倉2102番イ外
指定 平成5322
臨済宗建長寺派鷲峯山(じゅほうさん)光厳寺は建武年間(13341338)に足利尊氏が創建したと伝えられる古刹である。門前斜面地右側のヤマザクラは、幹囲り533cm、枝張り東西25m、南北18m、樹高17.34mを計り、推定樹齢400年といわれている。大島のサクラ株(特別天然記念物)、神着(かみつき)の大サクラ(東京都指定天然記念物)とともに都内の三大巨樹の一つである。これほどの巨樹で病虫害の痕跡が認められないのは極めて稀である。
ヤマザクラは日本の自生のサクラの代表で、花といえばこのヤマザクラを指す。花は白色あるいは淡紅白色で、花期はソメイヨシノより遅くヤエザクラより早い。新葉の色は赤、茶、黄など変化に富み、この葉と花との組合せの美しさがヤマザクラの特色である。
なお、左側斜面地の三株を含む1,525㎡が指定範囲である。
平成6331日 建設
東京都教育委員会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

桜丸御殿址のヒガンザクラ

長野県飯田市追手町2 長野県飯田合同庁舎 撮影2009.2 巨樹MAP

根元周囲10m 樹高20m 樹齢推定 400
P2180038w400P2180039w200 3月は忙しくて緊張の連続です。でもようやく解放され一息つきました。ほったらかしていた畑を耕しました。遅くなったけれどジャガイモをいっぱい植えました。これから春野菜のスタートです。
今年のサクラ、開花宣言は早かったようですが、その後気温が上がらずいつもより長く花見を楽しめそうです。
「桜丸御殿址のヒガンザクラ
品種 エドヒガン、シダレザクラ
樹齢推定 400年 根元周囲10m 樹高20
一本にも見えるがエドヒガンとシダレザクラが合体しており、あたかも一本の木が花を咲き分けているようである。この地には飯田城本丸御殿の別棟として桜丸御殿が建てられ、庭園には藩主脇坂氏時代(16151672年)多くの桜が植栽され御殿名の呼称となった。この桜はその名残をとどめる名木である。
飯田観光協会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

千代蔵桜

長野県飯田市愛宕町2781愛宕神社 市指定天然記念物 撮影2009.2 巨樹MAP
目通り4.7m 樹高15m 推定樹齢200
P2180026w400_2 境内にもう一本大きな桜がありました。まだ若く高く枝葉を伸ばす元気な桜です。飯田は桜がいっぱい、春が楽しみです。
「千代蔵桜
品種 エドヒガン  樹齢 推定200
幹回り4.7m  樹高15m
飯田藩家老安富氏より愛宕稲荷神社に献納され、知久町黒田屋千代蔵氏によって境内の東方、飯田城(長姫城)を望める場所に植樹したと伝えられる。
空に向かって雄々しく伸びる均整のとれた樹形は安富桜を偲ばせる風格をもつ。
愛宕稲荷神社
飯田観光協会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛宕稲荷神社清秀桜

長野県飯田市愛宕町2781愛宕神社 市指定天然記念物 撮影2009.2 巨樹MAP
目通り6m 樹高8m 樹齢750年以上

P2180021w400P2180024w200 飯田の中心市街は長方形の規則正しい町並みになっており、信州の小京都と呼ばれています。江戸時代のはじめに京都の町屋にならって城下町を整備しました。愛宕稲荷神社は西側の段丘の先端にあって、鎌倉時代にこの地の地頭職であった坂西氏が築城した愛宕城(飯坂城)の跡地だといいます。
「飯田市天然記念物
愛宕稲荷神社清秀(せいしゅう)桜
昭和481225日指定
 清秀桜は、ばら科に属するエドヒガンザクラで、本州・四国・九州の山地に生える落葉高木です。花は三月中旬から下旬、葉の出る前に他の桜より早く咲きます。
 建保年間(12121218)、飯坂城(愛宕城)跡地に地蔵寺が建てられ、仁治元年(1240年)に清秀法印が植えたと伝えられ、清秀桜と命名され現在に至っています。
 樹高約8mで、枝が6mほど伸びて広がっています。根回りは約7m、目通りは約6mありますが、木の中心から木質部は腐食してしまい、内皮がわずかに残り生命を保っています。
 清秀桜は、エドヒガンザクラとしては花の色が濃いことが特徴の一つであり、樹齢750年以上と飯田市内の桜の中では最も古く愛宕稲荷神社御神木として親しまれ大切にされています。
平成86
飯田市教育委員会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

長姫のエドヒガン(安富桜)

長野県飯田市追手町2-655飯田市美術博物館 県指定天然記念物 撮影2009.2 巨樹MAP
目通り5.4m 樹高20m 推定樹齢450年以上
P10100021w400_3P1010006w192_5P1010014w180_4  飯田市美術博物館前のエドヒガン桜です。飯田の街は初めてで、早起きして一回りしてみました。この場所は飯田城の二の丸跡です。飯田城は段丘の突端部を利用した平山城で両側は急な斜面になっており周辺は複雑な地形をしています。この桜、地元では飯田城主の家老安富家にちなみ、別名「安富の桜」と呼ばれ親しまれています。根元は保温?のためかプチプチで巻かれていました。高く伸びる豊かな枝振りがこの桜の特徴です。
 美
術博物館に行く途中に追手町小学校があります。国の有形登録文化財に指定されています。昭和4年に建てられた鉄筋コンクリート造3階建の校舎で、今も現役で使用されています。素晴らしいことです。
「長野県天然記念物
長姫(おさひめ)のエドヒガン(安富(やすとみ)桜)
品種 エドヒガン 樹齢推定450年以上
目通り周囲 5.4m 樹高20m
幹と根張りが雄々しく均整のとれた樹形は古木の風格をもち、エドヒガンの特性がよく現われ県下の名木である。俗に安富桜と呼称されるのは、この地が飯田城主代々の家老安富氏の邸址であったためであり、初代藩主堀親昌入部寛文12(1672)の時植栽されたものと推定される。
飯田観光協会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

黄門桜

千葉県匝瑳市飯高2088-4 市指定天然記念物 撮影2008.4 巨樹MAP
目通り5.5m 樹高7m 樹齢300
P420017P420018_200w 飯高寺周辺をうろうろしていたら偶然見つけたものです。畑の中の平坦な道路の脇に立っていました。樹高はありませんが、幹の太い桜です。傍らに天然記念物の案内板がありました。
「八日市場市指定天然記念物
黄門桜
昭和48724日指定
 この桜は山桜の一種で、芽ぶきとともに開花します。開花時期は染井吉野より五日から七日ほど遅く、淡い黄を帯びた清らかな花弁をもっています。
「黄門桜」の名のおこりは、元禄12年(1699)水戸光圀が飯高寺(飯高壇林)を訪れた際、佐原より当地までの間、桜・松を植えたという記録が残っていたことから、地元の人々により「黄門桜」と名付けられました。
 市内でも最大級のもので市民から親しまれている桜です。
昭和632
八日市場市教育委員会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

山高神代ザクラ

山梨県北杜市武川町山高2778 実相寺境内 国指定天然記念物 撮影2008.4 巨樹MAP 

根元周囲11.80m 樹高10.30m 推定樹齢 2000

P40001w400_2P40007w200_2 北杜市武川町の実相寺境内にある山高神代ザクラ訪れました。寸胴でごつごつとした太い幹、樹齢2000年の貫録十分です。主幹と南北の枝を失い、東西2本の枝に花をつけるのみといいます明治、大正時代の全盛時の写真が展示されていました。今では昔の面影はありませんが、神代桜再生のための樹勢回復工事が施されました。長く生き続けてほしいです。花の季節にもう一度訪れたいと思います。

「山高神代ザクラ 国指定天然記念物

山高神代ザクラは、樹齢2000年ともいわれるエドヒガンの古木です。

1922(大正11)年にサクラとして初めて国指定の天然記念物になりましたが、近年の環境の変化により樹勢が急激に衰えてしまいました。

 山高神代ザクラの樹勢を回復させるため、南側の道路をう回させ、2001(平成13)年には根や病気の調査をしました。翌年からの工事では弱った根に活力を取り戻すため養分と有用な土壌微生物に富んだ土に入れ替え、さらに主幹からの新たな発根を促すため屋根つきの櫓を撤去しました。これらの工事は4年間かけて行われ、2006(平成18)年3月に終了しました。

 これからも山高神代ザクラを末永く守り伝えるため、多くの方のご理解とご協力をお願いします。

神代ザクラの大きさの比較

       1922(大正11年) 2006(平成18年)

高さ     13.6m       10,3m

根本幹周   13,5m       11.8m

枝張り(東西)27.0m       17.3m

枝張り(南北)30.6m       13.0m

 サクラは植物分類学上、バラ科サクラ属に分類されます。エゾヒガンザクラは本州、四国、九州から朝鮮半島にかけて分布する比較的長寿のサクラです。葉や花序部に軟毛があり、花弁の下の萼筒が壺型になります。

平成18年3月 北杜市教育委員会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あかぎ | あかしで | あかまつ | あこう | あめりかすぎ | あめりかすずかけのき | いすのき | いちい | いちょう | いぬまき | いぶき(びゃくしん) | うめ | うらじろもみ | えぞまつ | えのき | えんじゅ | おおしらびそ | かいのき | かき | かごのき | かし | かしわ | かつら | かや | がじゅまる | くすのき | くろがねもち | くろまつ | くわ | けやき | こうやまき | このてがしわ | こぶし | ごようまつ | さいかち | さくら | さねぶとなつめ | さるすべり | ざくろ | しい | しだれやなぎ | しなのき | しらかし | しろまつ | すぎ | すずかけのき | すたじい | すだじい | たけ | たぶのき | たらよう | ちしゃのき | つつじ | でいご | とうかえで | とちのき | とねりこ(たも) | はくもくれん | はるにれ | ひいらぎ | ひのき | ひまらやしーだー | ふうじゅ | ふじ | ぼだいじゅ | むくのき | めたせこいあ(あけぼのすぎ) | もみ | もみじ | もみじばすずかけのき(ぷらたなす) | ゆりのき | らかんまき | らくうしょう | りんご | 中国 | 京都府 | 兵庫県 | 北海道 | 千葉県 | 埼玉県 | 宮城県 | 宮崎県 | 山形県 | 山梨県 | 岩手県 | 徳島県 | 愛媛県 | 新潟県 | 東京都 | 栃木県 | 沖縄県 | 神奈川県 | 福岡県 | 福島県 | 秋田県 | 群馬県 | 茨城県 | 都道府県市町村の木 | 長野県 | 静岡県 | 鹿児島