兵庫県

2005年5月22日 (日)

姫路城の旧西大柱

兵庫県姫路市 2003.11.25撮影 巨樹MAP
PB250047-v300
 姫路城は通称白鷺城といい世界文化遺産に登録されています。時間が無くて中まで入れせんでしたが、外にこんな展示がありました。昭和の大修理で取り替えられた西大柱の現物です。この柱が大天守を支えていたとは木材の強度と木造建築の耐久性に驚かされます。
 「ここに展示しているのは旧西大柱で、この柱は、かつて大天守の地階床から六階床までの各階を、もう一本の東大柱とともに些かの躊躇いもなく力強くつらぬき通し、木造の大きく複雑な重層構造を二本の大柱が構造主体となり、一本が百トンもの重量を支えて三百五十年もの長きにわたり大天守を守り続けてきた。
然しその間、両大柱とも明暦二(1656)年(城主榊原忠次)に、柱や土台などの腐朽で床面に高低が生じ、このため大柱の根本を高さ2.4m、柱四面の間仕切り部分を刳り貫き、ここに幅36cm奥行きもほぼ同じ大きさの栂の角材を挿入し、帯鉄巻き鋲釘止めで固定するという補強工事が行なわれた。その後、貞享四(1684)年には、先の明暦二年に行なわれた修理材の上に補強材を加える工事が行なわれた。
 このように築上後三百五十年を大天守と共に歩んできた西大柱が、昭和大修理(昭和31年~昭和39年)で、柱真の腐れのあることが分かり、取換えを余儀なくされ、新しい柱に後事を託して、今ここに創建材の資料として展示している。
西大柱のこと
 旧西大柱の下方樅材、上方が栂材で三階床上(下方から14.5m位置)で二本継ぎになっていたが、全長24.7mにわたり中心部が蒸腐りを起し再用不能で今回の修理では、桧材で取替えることになり、旧東大柱と同様、一本材の柱にすることになった。
 ところが原木を山から搬出途中に折損事故が起こり、修理では元通り三階床上での二本継ぎの柱になった。新しく取替えられた桧材は、下方が岐阜県恵那郡付知町の国有林から、また上方は兵庫県神崎郡市川町笠形神社から伐出されたものである。
 ここに展示したのは二本継ぎで使用されていた旧西大林で、明暦二年と貞享四年の修理の痕をはっきりみることができる。
東大柱のこと
 もと、東大柱は樅材で、継手なしの通し柱であったが、今回の修理では根本5.4mを台湾桧で根継ぎして再用された。根継ぎのために切断された旧東大柱の根元部(長さ5.4m、太さ横幅95.4cm奥行幅75cm)には、明暦と貞享年間に行なわれた修理の痕跡が旧西大柱同様に歴然と残されている。(旧東大柱根元の切断された材は、旧状の儘で現在、兵庫県歴史博物館で展示されている)
旧西大柱の寸法
総長24.7m   上柱の長さ12.4m
下柱の長さ14.5m  (継手長さ 2.2m)
根元の太さ横幅95.4cm 奥行幅 75cm
末径54cm角   総重量約 6屯」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あかぎ | あかしで | あかまつ | あこう | あめりかすぎ | あめりかすずかけのき | いすのき | いちい | いちょう | いぬまき | いぶき(びゃくしん) | うめ | うらじろもみ | えぞまつ | えのき | えんじゅ | おおしらびそ | かいのき | かき | かごのき | かし | かしわ | かつら | かや | がじゅまる | くすのき | くろがねもち | くろまつ | くわ | けやき | こうやまき | このてがしわ | こぶし | ごようまつ | さいかち | さくら | さねぶとなつめ | さるすべり | ざくろ | しい | しだれやなぎ | しなのき | しらかし | しろまつ | すぎ | すずかけのき | すたじい | すだじい | たけ | たぶのき | たらよう | ちしゃのき | つつじ | でいご | とちのき | とねりこ(たも) | はくもくれん | はるにれ | ひいらぎ | ひのき | ひまらやしーだー | ふうじゅ | ふじ | ぼだいじゅ | むくのき | めたせこいあ(あけぼのすぎ) | もみ | もみじ | もみじばすずかけのき(ぷらたなす) | ゆりのき | らかんまき | らくうしょう | りんご | 中国 | 京都府 | 兵庫県 | 北海道 | 千葉県 | 埼玉県 | 宮城県 | 宮崎県 | 山形県 | 山梨県 | 岩手県 | 徳島県 | 愛媛県 | 新潟県 | 東京都 | 栃木県 | 沖縄県 | 神奈川県 | 福岡県 | 福島県 | 秋田県 | 群馬県 | 茨城県 | 都道府県市町村の木 | 長野県 | 静岡県 | 鹿児島