むくのき

2009年7月 5日 (日)

東京都庭園美術館のムクノキ

東京都港区白金台5-21-9  東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)撮影2009.5 巨樹MAP
P517001711w400_3P517002611w200w180P517000411w200w180山手線目黒駅から歩いて10分、東京都庭園美術館に行きました。昭和8年(1933年)に朝香宮邸として建てられた建物を美術館として公開しています。この建物自体がヨーロッパの装飾美術アール・デコ様式の美術品になっています。建物内での展覧会は、18世紀ロシアの女帝「エカテリーナ2世(17291796)の4大ディナーセット」をやっており見学してきました。
 
この美術館は、広大な庭園を有しており庭園のみの入園(100円)も可能です。ぐるりと散策して一番大きい樹がこのムクノキでした。幹につたがからまっています。また幹の裏側は空洞ができていました。このとなりに立っているのはエノキです。
「庭園美術館
 東京都庭園美術館は旧朝香宮邸として、昭和8年に建造された。すっきりと優雅な白亜の外観をもつこの建物は、20世紀はじめにヨーロッパで開花いたアール・デコ様式を随所にとりいれ、昭和58年に一般公開されるまでは“幻の建築”とまでいわれた。
 アンリ・ラバンによる内装の美しさは、しばし目を奪われる。家具、調度、扇から取っ手にいたるまで格調高い細工が施されている。そして優しいカーブを描く窓からは、1万㎡の西洋庭園が見渡せる。この芝の庭園には、パリ市から送られたザッキン作「住まい」の彫刻が置かれている。そしてこの建物と庭園に相応しいユニークな企画展が開かれている。
 美術館として利用される以前には白金迎賓館として外国の要人を迎えたこともあった。
毎月第2・4水曜日および特別整理期間は休館。
-目黒通り路上案内板より-」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

大塚戸のムクノキ

茨城県常総市大塚戸町786 一言主神社入口 市指定天然記念物 撮影2007.4
目通り5.8m 樹高20m 樹齢400年
P4070053w400 P4070056w192  常総市は平成18年1月1日に旧水海道市と旧石下町の合併により新しく誕生しました。大塚戸のムクノキは坂東市との境界に近い旧水街道市にあります。一言主神社入口の県道脇に聳えすぐに目に付きます。
「岩井~水海道~守谷に通じる街道は将門街道又は銚子街道と呼ばれていたことからこの大木は一里塚の名残の樹木と思われる。一里塚は岩井市幸田新田にある幸田橋と神岡山の胴塚にあり、さらにムクノキのあるところを榎本と呼んでいたことから、一里塚であったと思われる。」

「ムクノキはムクエノキとも呼ばれるが、エノキとは属を異にする。しかし、エノキの赤褐色の実も、ムクノキの紫黒色の実も甘いので、子供たちは"さとのみ(砂糖の実?)"と呼び、よく口にした。ムクノキの名は大木になると樹皮が縦に割れて剥げ落ちるところから"剥げエノキ"と呼ばれ、転じて"ムクエノキ"、"ムクノキ"となったとも言われる。
 一里塚にはエノキが大木になると幹に瘤ができたり、よくヤドリギがつくことから"霊が宿る木"とされムクノキとともに植えられたが、ムクノキは枝が長くしなだれる独特の樹形で遠方からも識別できる。葉は表面に細かな剛毛が密生しているため、古くからトクサと共に木製品を磨くのに用いられた。また、材は丈夫で割れにくいため天秤棒や農具の柄などに用いられた。ただし、樹液は有毒成分を含むので注意を要する。分布は茨城県中部を北限とし、本州・四国・九州から中国大陸、インドシナに及ぶ。
ニレ科ムクノキ属・胸高幹周580cm・樹高20m。」-常総市HPより-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

善光寺坂のムクノキ

東京都文京区小石川3-17 撮影2006.5
目通り4.7m 樹高8m 推定樹齢300年P5010010v300
 地下鉄丸の内線後楽園駅下車徒歩10分、善光寺坂の途中に椋の老樹があります。東京大空襲で被災し、樹幹の2/3を焼失し樹皮は引き裂かれ、ずいぶん傷んでいます。
 この椋のそばに慈眼院・沢蔵司稲荷があり、案内板に次のように記されています。「・・・・また、すぐ前の善光寺坂に椋の老樹があるが、これには、沢蔵司がやどっているといわれる。道路拡幅のとき、道をふたまたにしてよけて通るようにした。」
 ところで、この椋の目の前に幸田露伴、幸田文の住居があったようです。青木玉さんのエッセイ集「こぼれ種」の冒頭の「目の前の椋」に、次のように書かれています。「母(幸田文)の家の前の道に大きな木が立っている」この木を「祖父(幸田露伴)は榎だと言っていた」「私も母も目の前のきを榎と信じて疑わなかった」と。幸田文のエッセイ「木」も読みましたが、青木玉さんによると母は祖父から「杉も檜も解らないような女は嫌いだと云われて、一生懸命覚えようとした」そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月24日 (日)

円山公園のムクノキ

京都市東山区八坂鳥居前東入 撮影2005.7.3
目通り3.9m 樹高25.0m
P7030004-v300 円山公園に入ってすぐにムクノキはあります。そばに「区民の誇りの木」の案内板が立っています。
 京都市では緑の保全運動の一環として、市民からまちの自慢の木を推薦してもらい「区民の誇りの木」を選定しています。選定基準は歴史のある木、大木、花がきれい,実が見事な木、形に特徴がある木、地域で有名な木、公の場所から普通に見える木などです。木に感謝する心、木をいつまでも大切にしたい、そんな思いが伝わってきます。
2005年7月24日 (日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あかぎ | あかしで | あかまつ | あこう | あめりかすぎ | あめりかすずかけのき | いすのき | いちい | いちょう | いぬまき | いぶき(びゃくしん) | うめ | うらじろもみ | えぞまつ | えのき | えんじゅ | おおしらびそ | かいのき | かき | かごのき | かし | かしわ | かつら | かや | がじゅまる | くすのき | くろがねもち | くろまつ | くわ | けやき | こうやまき | このてがしわ | こぶし | ごようまつ | さいかち | さくら | さねぶとなつめ | さるすべり | ざくろ | しい | しだれやなぎ | しなのき | しらかし | しろまつ | すぎ | すずかけのき | すたじい | すだじい | たけ | たぶのき | たらよう | ちしゃのき | つつじ | でいご | とちのき | とねりこ(たも) | はくもくれん | はるにれ | ひいらぎ | ひのき | ひまらやしーだー | ふうじゅ | ふじ | ぼだいじゅ | むくのき | めたせこいあ(あけぼのすぎ) | もみ | もみじ | もみじばすずかけのき(ぷらたなす) | ゆりのき | らかんまき | らくうしょう | りんご | 中国 | 京都府 | 兵庫県 | 北海道 | 千葉県 | 埼玉県 | 宮城県 | 宮崎県 | 山形県 | 山梨県 | 岩手県 | 徳島県 | 愛媛県 | 新潟県 | 東京都 | 栃木県 | 沖縄県 | 神奈川県 | 福岡県 | 福島県 | 秋田県 | 群馬県 | 茨城県 | 都道府県市町村の木 | 長野県 | 静岡県 | 鹿児島