ひのき

2015年1月11日 (日)

水城の木樋

福岡県太宰府市石坂4-7-2 九州国立博物館 撮影2013.12 巨樹MAP

Img_2257Img_2256 太宰府天満宮の裏山に九州国立博物館があります。大きな建物で玄関ホールは吹抜けになっており広大な空間です。山笠も優に入ることができます。

4階展示場の入口に檜の木樋の底部が水城の模型とともに置かれていました。

「水城の木樋 飛鳥時代 7世紀 観世音寺

「日本書紀」に水城は「大堤を築きて水を貯えしむ」と記されている。水城土塁の外側の濠に内側から導水した巨大な木樋が存在した。この木樋はその材の一部で、江戸時代に水城から掘り出された。木材は自然乾燥により湾曲している。樹種は檜。」
 
水城(みずき)とは何なのかと思い調べてみました。これは粘土と砂を交互に重ね丸太で突固めて作った土塁のことで、長さは1.2km77m高さ9mあります。664年太宰府は西日本の政治の中心地で、唐や新羅の外敵から守るためにこの堤防を築いたとのことです。福岡側には濠があって太宰府側から水を送って水を溜めました。土塁の下部に通した導水管が木樋で、材の厚さ20cmあり、組み合わせて箱型をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

しめつりの御神木

東京都青梅市沢井 青渭神社奥の院 撮影2013.5 巨樹MAP
Img_1215_5Img_1216_5 5月の連休に奥多摩の高水三山に登りました。御岳渓谷北岸の高水山759m、岩茸石山793m、惣岳山756mの三つの山を総称して高水三山といいます。

 青梅線の軍畑(いくさばた)で下車し、まず高水山を目指します。途中トレイルラン大会開催の案内をいくつか見かけました。惣岳山頂には青渭(あおい)神社奥の院があります。10分ほど下ると3本の杉と檜の巨樹があらわれます。傍に「御神域 しめつりの御神木 青渭神社」の立札があり、注連縄が張られています。

 この尾根道は関東ふれあいの道として整備されておあり、このまま下り御嶽駅に下山しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

子授檜

東京都青梅市御岳 撮影2012.6 巨樹MAP
P6240014  「子授檜(こさずけひのき)
子授け・男女和合
二股に開かれた根元と、そこへ突き刺さる幹は、男女和合のしるしとされています。
又、右上の勾玉型のコブは子宝を表していると言われ、子宝を祈念しながら幹のコブを男女の末永い和合を祈念しながら根元や、幹を軽くおさすり下さい。
武蔵御嶽神社摂社 産安社」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

明治神宮の大鳥居

東京都渋谷区代々木 撮影2008.1 巨樹MAP
Dvc0008w400  原宿の駅を出るとすぐ明治神宮の入口です。緑に囲まれた参道を砂利を鳴らして進みます。左に樅の木があり、説明板が「この地には昔から代々樅の大木が育ち「代々木」という地名が生まれました。」とあります。この明治神宮の杜は大正時代に設計された人工樹林だといいます。植林にあたり時の総理大臣大隈重信からは、杉林にするよう強力な意見が出ましたが、本多静六林学博士らが東京の気候風土を考慮し、常緑広葉樹を多く植樹し、現在に至っています。
 北参道との出合いに写真の大鳥居があります。この鳥居は二代目で昭和41年に北側の柱に雷が落ち破損したのを契機に建替えられました。初代の旧大鳥居はさいたま市の氷川神社に移され今も現存しているそうです。初代、二代目共に台湾産の檜が使用されています。
「大鳥居
わが国で最も大きい木造の「明神鳥居」。
昭和50年12月23日建替竣工、篤志家により奉献。形式寸法共に大正9年創建の鳥居に同じ。原木は台湾丹大山の樹齢1500年に及ぶ扁柏(ひのき)。
高さ12m 柱と柱の間9.1m 島木の長さ15.5m 柱の径1.2m 笠木の長さ17m」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

住吉神社御神木ヒノキ

長野県南安曇郡三郷村温5932 村指定天然記念物 撮影2005.8.29
目通り5.4m 樹高33.0m 推定樹齢1000年
P8300007-v300 大糸線、中萱の駅前から黒沢山の方向を目当てに、熊野神社を経て住吉神社に向かいました。安曇野一帯を歩いていると道の辻々に道祖神が祀られています。道祖神には二つのパターンがあるようです。一つは「道祖神」と言う文字を彫りこんだ大きな石碑タイプ、あと一つは男女が互いに手をとり合っているほのぼのタイプのものです。
 住吉神社の御神木ヒノキは立派でした。こんな大きなヒノキは初めて見ました。幹は十メートルほど真っ直ぐに伸び、そこから先は二本に分かれています。大変きれいな巨樹です。
「ヒノキはまつ目ヒノキ科に属し、古くから生活と結びつきが深く、神社やお寺学校などに植えられている。この住吉神社のヒノキは高さ約33m目通りの幹まわりが、5.4mでこの地方としては稀にみる大木であり、御神木として崇められている。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あかぎ | あかしで | あかまつ | あこう | あめりかすぎ | あめりかすずかけのき | いすのき | いちい | いちょう | いぬまき | いぶき(びゃくしん) | うめ | うらじろもみ | えぞまつ | えのき | えんじゅ | おおしらびそ | かいのき | かき | かごのき | かし | かしわ | かつら | かや | がじゅまる | くすのき | くろがねもち | くろまつ | くわ | けやき | こうやまき | このてがしわ | こぶし | ごようまつ | さいかち | さくら | さねぶとなつめ | さるすべり | ざくろ | しい | しだれやなぎ | しなのき | しらかし | しろまつ | すぎ | すずかけのき | すたじい | すだじい | たけ | たぶのき | たらよう | ちしゃのき | つつじ | でいご | とちのき | とねりこ(たも) | はくもくれん | はるにれ | ひいらぎ | ひのき | ひまらやしーだー | ふうじゅ | ふじ | ぼだいじゅ | むくのき | めたせこいあ(あけぼのすぎ) | もみ | もみじ | もみじばすずかけのき(ぷらたなす) | ゆりのき | らかんまき | らくうしょう | りんご | 中国 | 京都府 | 兵庫県 | 北海道 | 千葉県 | 埼玉県 | 宮城県 | 宮崎県 | 山形県 | 山梨県 | 岩手県 | 徳島県 | 愛媛県 | 新潟県 | 東京都 | 栃木県 | 沖縄県 | 神奈川県 | 福岡県 | 福島県 | 秋田県 | 群馬県 | 茨城県 | 都道府県市町村の木 | 長野県 | 静岡県 | 鹿児島