すたじい

2006年4月30日 (日)

湯島聖堂のスダジイ

東京都文京区湯島1-4-25湯島聖堂 撮影2006.4
P4280001v300  地下鉄御茶ノ水駅から3分、外堀通り脇の石段を上がり聖橋の通りに出ます。東京医科歯科大学の反対側に白い城壁に囲まれた森が見えますが、この中に湯島聖堂があります。このあたりは毎日地下鉄で通過しているのですが、実は地理がよく分かっていませんでした。湯島は文京区ですが台東区だと思い込んでいました。また最寄り駅の御茶ノ水駅は千代田区なので3つの区に隣り合せています。
 湯島聖堂の西門から入るとすぐ目の前、大成殿へ向う杏壇門の傍に大きなスダジイの巨樹があります。中央の幹が折れていますが震災で被災したようです。湯島聖堂は関東大震災の際には入徳門と水屋を残しすべて焼失したといいますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

松虫寺のスダジイ

千葉県印旛郡印旛村松虫7松虫寺 撮影2006.4
目通り7.6m 樹齢400年
P4090020v300_1  松虫寺の門前にこのスダジイはあります。境内には2本のしだれ桜がきれいに咲き誇っていました。吉高の大ザクラを観た後その足でここまできたのですが、ここに来る途中の小さな墓地にも、目通り5mほどのスダジイが大きく枝を広げていました。このあたりは静かで里山の風景がそのまま残っています。しかし鉄道やニュータウンがすぐそばまで開発されました。松虫寺も観光客が増えることでしょう。松虫寺は聖武天皇の第三皇女松虫姫の遺骨が分骨して埋葬されており、松虫姫にまつわる言い伝えが残っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

幸谷のスタジイ

千葉県松戸市幸谷 撮影2006.3
目通り5.4m 樹高15m
P3250006-1-v300  新松戸に近い旧水戸街道沿いにスタジイが2本並ん立っています。以前は2本が連なって枝を張り、こんもりとした森の様相を呈していたものです。昨年の6月頃見たときにはこのように剪定された姿になっていました。以前の雄大さは無くなり自然味に欠け、貧相になってしまったのは残念です。しかしこの樹は個人宅の庭木であり、通風や採光を考えると手入れは当然とも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

笠原神社のスダジイ

茨城県水戸市水戸市文京2丁目 笠原神社 撮影2005.9.1
目通り5.7m 樹高25.0m 樹齢約500年
P9010011-v300  水戸駅から茨城大学行きバスで30分、終点で下車し五分ほど歩くと笠原神社はあります。茨城大学のちょうど裏手にあたり、学生や地域の人々の憩いの場となっています。水戸の地形は南北を川に挟まれた馬の背台地となっています。この辺りも標高30mの高台で環境は良好です。スダジイはブナ科シイ属の常緑高木で茨城県にも多くの巨樹がみられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あかぎ | あかしで | あかまつ | あこう | あめりかすぎ | あめりかすずかけのき | いすのき | いちい | いちょう | いぬまき | いぶき(びゃくしん) | うめ | うらじろもみ | えぞまつ | えのき | えんじゅ | おおしらびそ | かいのき | かき | かごのき | かし | かしわ | かつら | かや | がじゅまる | くすのき | くろがねもち | くろまつ | くわ | けやき | こうやまき | このてがしわ | こぶし | ごようまつ | さいかち | さくら | さねぶとなつめ | さるすべり | ざくろ | しい | しだれやなぎ | しなのき | しらかし | しろまつ | すぎ | すずかけのき | すたじい | すだじい | たけ | たぶのき | たらよう | ちしゃのき | つつじ | でいご | とちのき | とねりこ(たも) | はくもくれん | はるにれ | ひいらぎ | ひのき | ひまらやしーだー | ふうじゅ | ふじ | ぼだいじゅ | むくのき | めたせこいあ(あけぼのすぎ) | もみ | もみじ | もみじばすずかけのき(ぷらたなす) | ゆりのき | らかんまき | らくうしょう | りんご | 中国 | 京都府 | 兵庫県 | 北海道 | 千葉県 | 埼玉県 | 宮城県 | 宮崎県 | 山形県 | 山梨県 | 岩手県 | 徳島県 | 愛媛県 | 新潟県 | 東京都 | 栃木県 | 沖縄県 | 神奈川県 | 福岡県 | 福島県 | 秋田県 | 群馬県 | 茨城県 | 都道府県市町村の木 | 長野県 | 静岡県 | 鹿児島