もみじ

2012年1月28日 (土)

中釜戸のシダレモミジ

福島県いわき市渡辺町中釜戸字猿田21 国指定天然記念物 撮影2011.11 巨樹MAP
目通り3m 樹高6.8m
Pb240028w400


Pb240031w200


昨年の11月末、中釜戸のシダレモミジを拝見できました。常磐線泉駅からタクシーで15分ほどです。運転手さんと地震のはなしをしました。411日の大きな余震は本震を上回る揺れだったそうです。付近の断層が息を吹き、各所で土砂災害が発生し、不気味な地鳴りが続いています。長い年月のなかで、自然界にはさまざまな現象が発生します。そんな中で数百年、数千年生きている巨樹は偉大です。
「国指定天然記念物 中釜戸のシダレモミジ
このシダレモミジは、2本ともに樹幹がねじれ曲がって、各所にコブをつくり、樹冠は傘状に広がっています。
傘の広がりは東西約10m・南北約2mほどで、大株の樹高6.8m・根周り2.75m・胸高直径1.1mです。
樹種はイロハカエデで、樹幹のねじれ曲がった姿はカエデ本来の習性ではない畸形木で、大変珍しいものです。
イロハカエデは、樹高15mになる高木で、45月に開花し、10月に結実します。
分布は日本南部から台湾・中国東部・朝鮮南部におよび、日本では東北地方南部以西がおもな地域です。いわき市内では阿武隈山地の高所に少なく、平地丘陵地に分布しています。
指定昭和12615
所在地 いわき市渡辺町中釜戸字猿田21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

古知谷のカエデ

京都府京都市左京区大原古知平町
目通り3.72 m、樹高18m 樹齢800年 市指定天然記念物 撮影2007.6 巨樹MAP
P60900401w400 P600046w192  泉宝院から敦賀街道(旧道)に出て北へ3km阿弥陀寺(古知谷)に向かいました。この道は若狭から京に通じる道です。若狭小浜に陸揚げされた魚類はを塩引きのうえ、この街道を運ばれて京に来ました。(今谷明著「歴史の道を歩く」)近年では鯖街道と呼ばれています。若狭から京都に入る北山の旧道は他にも鞍馬街道、雲ヶ畑街道、小浜街道があります。(金久昌業著「北山の峠」-京都から若狭へ)私が子供の頃、とろろ昆布やちりめん雑魚、へしこなどを背負って行商されているおばあさんの姿がありました。へしこ(さばでなくいわし)はよく食べました。また食べたいのですが手に入りません。
 敦賀街道脇の阿弥陀寺駐車場から西へ入ります。山の入口には白壁の中国風の山門が見え、ここから奥は長い坂道で息を切らしながら登りました。約15分、ようやく前方左にイロハモミジの巨樹が見えてきました。右上方には石垣の上を見上げるかたちで阿弥陀寺の瑞雲閣という懸崖造りの小さな建物が建っています。ここは知る人ぞ知る紅葉の名所です。
「古知谷のカエデ
阿弥陀寺は、慶長14年(1609)に弾誓上人により創建されたが、寺の伝えによれば、このカエデ(タカオカエデ)はその時、既に古木であったという。
 タカオカエデは、イロハモミジともいわれ、本州(福島県以西)・四国・九州の山の谷間によく見られる落葉高木で、春の若葉、秋の紅葉は、ことに美しい。阿弥陀寺周辺の古知谷は、紅葉の名所として知られるが、このカエデは古知谷の数あるカエデの中で最大のものであり、幹に多数の支根がからみつく特異な形状とあわせて古木の風格を感じさせる。
昭和58年6月1日京都市指定天然記念物に指定された。
京都市」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月30日 (日)

西善寺のコミネカエデ

埼玉県秩父郡横瀬町横瀬598 県指定天然記念物 撮影2006.6
目通り3.5m 樹高9m 樹齢600年
P6210001v300  西武秩父駅の一つ手前の横瀬駅下車徒歩30分に、秩父34カ所霊場8番札所、西善寺があります。途中、武甲山の石灰から製造されるセメントの工場やベルトコンベア、住宅等が目につきます。石灰の採掘により武甲山の山容は大きく変貌しました。
 西善寺の門をくぐり石段を下りると、本堂前の境内いっぱいに枝を広げるモミジの巨樹に魅せられてしまいました。幹や枝ぶり、そして根の張り出しのバランスが良く、巨大な盆栽のようです。境内はよく手入れが行き届き、地面一面に苔が繁茂し、まるで庭園を観賞している気分です。
 この地域では「こみねもみじ」と呼ばれているようです。私もカエデよりもモミジと呼ぶほうに親しみを感じます。またこのカエデ、葉の切れ込みから見るとコミネカエデではなくイロハモミジのように見えましたが、樹種と呼び名は別なのかも知れません。モミジは横瀬町の町の木に選定されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

渋谷の大モミジ

千葉県茂原市渋谷557 伊奘子神社 市指定天然記念物 撮影2005.12.5
目通り2.2m 樹高9.7m
PC050092-v300  蓮福寺から南へ徒歩25分、国道沿いの伊奘子神社にあります。もみじの巨樹は初めてです。根元が二股に分かれ、子供が木登りをするのか樹皮がつるつるです。京都高雄のさらに山奥に育った私は、子供の頃「たかおのもみじ」と声を出して葉の切れ込みの数の当てっこをしました。順に数えてぴったり7つ当てては大喜びをしたものです。イロハモミジの名称はこのように昔の数え方からついたものと思います。
「茂原市指定天然記念物 渋谷の大モミジ
所在地 茂原市渋谷557 昭和58年2月23日指定
 モミジはカエデ科に属しカエデあるいはモミジと呼ばれている。この樹はイロハモミジ(別称・タカオモミジ)で、東北地方以西の山地に分布する。その特徴は、葉が5~7指に深裂し、新枝の先に径3~6cmの三房状の花房をつける。
 大モミジは、伊奘子神社境内西側の高土手上にある。樹齢は明らかでないが、樹高9.7m、目通幹囲約2.2mである。
 通常モミジは、幹が数多く分岐して傘の様に枝を広げることが多いが、この幹は分岐が少なく、真直ぐに天空に伸びており、大変珍しいものである。
平成14年3月20日 茂原市教育委員会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あかぎ | あかしで | あかまつ | あこう | あめりかすぎ | あめりかすずかけのき | いすのき | いちい | いちょう | いぬまき | いぶき(びゃくしん) | うめ | うらじろもみ | えぞまつ | えのき | えんじゅ | おおしらびそ | かいのき | かき | かごのき | かし | かしわ | かつら | かや | がじゅまる | くすのき | くろがねもち | くろまつ | くわ | けやき | こうやまき | このてがしわ | こぶし | ごようまつ | さいかち | さくら | さねぶとなつめ | さるすべり | ざくろ | しい | しだれやなぎ | しなのき | しらかし | しろまつ | すぎ | すずかけのき | すたじい | すだじい | たけ | たぶのき | たらよう | ちしゃのき | つつじ | でいご | とちのき | とねりこ(たも) | はくもくれん | はるにれ | ひいらぎ | ひのき | ひまらやしーだー | ふうじゅ | ふじ | ぼだいじゅ | むくのき | めたせこいあ(あけぼのすぎ) | もみ | もみじ | もみじばすずかけのき(ぷらたなす) | ゆりのき | らかんまき | らくうしょう | りんご | 中国 | 京都府 | 兵庫県 | 北海道 | 千葉県 | 埼玉県 | 宮城県 | 宮崎県 | 山形県 | 山梨県 | 岩手県 | 徳島県 | 愛媛県 | 新潟県 | 東京都 | 栃木県 | 沖縄県 | 神奈川県 | 福岡県 | 福島県 | 秋田県 | 群馬県 | 茨城県 | 都道府県市町村の木 | 長野県 | 静岡県 | 鹿児島