たぶのき

2013年12月29日 (日)

滝の入タブの木

埼玉県飯能市大字上直竹下分301番地 富士浅間神社裏山 県指定天然記念物 撮影2013.9 巨樹MAP
目通り5.5m 樹高20m 樹齢推定700
Img_2405Img_2394Img_2393 滝の入タブの木を見に行きました。飯能駅から西南方向に約10km飯能パークゴルフ場の向かい側になります。富士浅間神社の裏山を15分ほど登りますが、熊出没の看板があったりして心配になりました。航空写真をみると、タブの木の周りはすっぽりと天空が広がり、陽の光をめいっぱい浴びることができます。

「埼玉県指定天然記念物
滝の入タブの木
 飯能市大字上直竹下分301番地
 昭和6331日指定
 富士浅間神社の裏山にあるこのタブの木は、樹高約20m、目通り5.5m、根回り7m、枝張り東西27m、南北25mをはかり、樹齢推定700年である。
 タブの木はクスノキ科の常緑高木で別名「イヌグス」とも呼ばれ、温暖地によく自生する。わが国では四国、九州、本州南部に多く見られる。この滝の入タブの木は育成状況も旺盛で、すでにこの種の標準を大きく上回っており、わが国のタブの木分布範囲の北限を記録する。
 
平成73
 埼玉県教育委員会
 飯能市教育委員会
 富士浅間神社」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

小石川後楽園タブノキ

東京都文京区後楽1-1-6小石川後楽園 撮影2010.8 巨樹MAP
目通り4.2
P81400041_2 P81400061_2 夏休みに中国語を受講しました。教室のすぐ近く、小石川後楽園は大江戸線「飯田橋」駅から歩いて3分にあります。入園料300円で都心のオアシスが満喫できます。山や川、池や稲田もあります。こんなところで大堰川の名を目にしました。夏には毎日のようにアユ掛けをした懐かしい川名です。ここには渡月橋もかかっています。
このタブノキは木曽山付近にあり、この公園で一番の巨樹です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

有瀧家のタブノキ

埼玉県越谷市中町8-26 市指定天然記念物 撮影2009.12 巨樹MAP
目通り3.7m 樹高17m 推定樹齢400
Cam_11111_2 Cam_22222_2 「越谷市指定 天然記念物
有瀧家のタブノキ
昭和42年1月11日指定
 タブノキは、クスノキ科の常緑喬木で暖地に自生する。一名イヌグスとも呼ばれ、クスノキに較べてはるかに耐寒性が強いが樟脳は採れない。
 有瀧家のタブノキは、幹回りは3.7m、樹高は17m、枝張り(径)は10mである。幹の1.5mのところに寄生菌サルノコシカケ寄生跡があったが、昭和59年に除去し消毒したので、あと何百年かはその寿命を保つとみられている。その樹齢は400年以上と推定されている。
平成143月 越谷市教育委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

小丹波のイヌグス

東京都西多摩郡奥多摩町小丹波434 町指定天然記念物
目通り4.7 樹高25m 推定樹齢 300年 撮影2009.1 巨樹MAP
P1120037w400_2P1120042w192_3P1120043w180青梅線古里駅から200m、線路の北側の斜面に立っています。観光マップしか持ち合わせていませんでしたが、大きな樹冠は遠くからでもすぐに確認できました。木の下は鬱蒼としています。
  久しぶりに奥多摩を訪れましたが、東京を再発見いたしました。奥多摩の自然は東京都の貴重な財産です。
「奥多摩町指定 天然記念物」
昭和58113日指定
小丹波のイヌグス
 目通り幹囲4.55m、元の名主原島家の屋敷林となっています。正式名を「タブノキ」といい、暖地に自生する常緑喬木で、樹皮は染色原料となり、材は装飾器具の材料として用いられます。樹勢は極めて旺盛です。
奥多摩町教育委員会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

古里附のイヌグス

東京都西多摩郡奥多摩町古里附7-2 春日神社境内 都指定天然記念物 撮影2009.1 巨樹MAP
目通り6.5m 樹高23m

P1120033w400_2P112001w200w180P1120034w200w180_2 青梅線古里駅から西へ徒歩十分、国道と鉄道に挟まれた窮屈な場所にこのイヌグスは立っています。木の根元は苔むしコブやシワですさまじい形相です。古木の風格十分です。この木、不思議なことに背景に溶け込み、輪郭がはっきりしません。うっかりしていると通り過ぎてしまいます。
「都天然記念物
古里附のイヌグス
所在 西多摩郡奥多摩町大字棚沢字古里附七番地ノ二
指定 大正153月(昭和41317日 名称変更)
 奥多摩街道の北側、街道と国鉄青梅線路敷との間の地で春日祠の境内にある。敷地は街路より約2メートル高く、この崖に接して立つ樹の根元約1メートルは崖の法面に露出している。地上1メートルの幹囲は約6.5メートル、樹高約23メートル。幹は地上約.1.5メートルのところで南北二本に分かれ、北の枝は、さらにその上約3メートルのところで二本に分岐し、樹勢は旺盛である。
 イヌグスの皮は黄八丈の樺色染色の原料となる。正式名は「タブノキ」。暖地に自生する常緑喬木。花は秋に咲き、果実は翌年の七月ごろに至って熟す。
昭和四十三年三月一日 建設
東京都教育委員会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

オガタマの木

茨城県かすみがうら市柏崎字天王馬場1590 素鵞神社境内 撮影2007.11 巨樹MAP
目通り4.1m 樹高20m 樹齢約400年
Pb023w400_2 Pb14w200 この木はタブノキなのですが説明板には「オガタマ」と書かれています。おがたまという樹種は別にあります。おがたまの由来は、たまは霊魂、霊を迎えるので招霊(おぎたま)が転じておがたまとなったといいます。タブノキも、霊が宿る木、「霊(たま)の木」「たぶのき」となったといいます。このように木は信仰の対象として崇められてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

府馬の大クス

千葉県香取市府馬2395 宇賀神社内
目通り12m 樹高約20m 樹齢1300年~1500年 国指定天然記念物 撮影2007.9 巨樹MAP
P9080003w400 Dvc00001w200  JR成田線小見川駅下車、千葉交通旭駅行きのバスで約15分、小保内下車、徒歩15分にあります。標高差40mほどの坂を上がった高台に宇賀神社があり、その横に府馬の大クスが根をはっています。周りにも大きいタブノキの木があり、北側の一本は幹が傾いており「子グス」と呼ばれています。大クスの枝が地上に垂れてそこから根を張ったといいます。附近一帯は府馬城跡で中世、府馬氏が砦を構えていました。なるほど複雑な地形をしています。
「天然記念物 府馬の大クス一樹
大正15年国指定
 官報でクスと明示されているが昭和44年の文化財審議専門委員 本田正次博士の調査にてタブノキの誤りであることが明らかとなった。
当時、俗にイヌグスと呼ぶことから種目を違え告示されたものと思われる。
 タブノキはクスノキ科に属し暖地の海が近い所に多い常緑樹で材はやや堅く家具等に使われる。
樹高20m・根回り約27.5m
幹囲12m
樹齢1300年~1500年
 元禄年間に大クス北側の枝が地上に垂れて根を張り子クスとなる。
付根は明治末に枯れて落ち今は別の木の様に見える。
昭和57年7月
山田町教育委員会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

東水元熊野神社のタブノキ

東京都葛飾区東水元5-40-14 区指定天然記念物 撮影2007.6 巨樹MAP
東側道路沿い 目通り3.54m 樹高 約10.3m
鳥居右側     目通り3.34m 樹高 約10.1m
P6230038w400_10 P6230043w400_10 P62300401w178_1 P6230035w178_1  東水元熊野神社は金町駅の北2.5kmに位置します。都立水元公園の入り口自由広場のちょうど道路をはさんで反対側に面しています。ほぼ同じ大きさのタブノキが2本立っています。
「東水元熊野神社のタブノキ
所在地 葛飾区東水元5丁目40番14号
登録年月日 昭和57年(1982)2月13日
(1)東側道路沿い 樹高 約10.3m  幹回り 3.54m
(2)鳥居右側   樹高 約10.1m  幹回り 3.34m
タブノキはクスノキ科の常緑樹でイヌグスとも呼ばれています。春、黄緑色の小さな花をつけ実は丸く紫黒色に熟します。このタブノキは区内の同種のものの中では大きいものです。
 東水元熊野神社は「新編武蔵風土記稿」(江戸時代後期)小合新田の条に熊野社村の鎮守なり」として記されています。
葛飾区教育委員会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

鹿小路のタブノキ

茨城県常総市内守谷町5449-1 市指定天然記念物 撮影2007.4
目通り4.5m 樹高15m 樹齢300年
P4070063w400_1 P4070066w180  鹿小路(かなこうじ)タブノキは常総市の南東部、鬼怒川のほとりに位置します。周りは内守谷工業団地や常総ニュータウンきぬの里など、大規模な開発が進められています。このタブノキは「平成10年に、枯枝落下防止を図るとともに樹木本体を守るため大々的な枝下しを行った」とのことで、枝張りや樹冠は以前とはだいぶ違うようです。
「暖地の海岸に多い常緑の高木で、シイと共わが国の照葉樹林(暖帯林)を構成する代表樹である。茨城県の分布も県南東部から県北海辺部には多く見られるが、県北部の山地や県西内陸部では稀となる。しかし、近隣の守谷町坂戸井、当市菅生町中郷・大塚戸町遠大久保・天満町、岩井市矢作など利根川・菅生沼沿岸や低地にのぞむ台地縁辺には自生と思われる本種の成木が見られることから、このタブノキが植栽されたとしても付近には自生樹があったと考えられる。胸高幹囲450cm樹高15mを測り、枝張り20mの樹冠は見事であるばかりでなく、分布上も関東平野内陸部でのほほ限界に近い樹として貴重である。
 タブノキの材は緻密で洋家具・箱類・彫刻材と用途は広い。特に瘤を生じた根部は「タブの玉杢(たまもく)」と呼ばれ、工芸品材として珍重される。また、樹皮の乾燥粉末は水を加えると粘り、線香製造の粘着材とする。
クスノキ科タブノキ属・胸高幹囲450cm・樹高15m
水海道市教育委員会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

大聖寺のタブノキ

埼玉県越谷市相模町6-442 大聖寺 市指定天然記念物 撮影2006.1
目通り4m 推定樹齢500年
P1150002-v300  東武伊勢崎線の越谷駅から東へ徒歩30分の所に大聖寺はあります。越谷最古の寺院だそうです。入り口の山門が立派で、寺の境内は広々としています。もうすぐ節分、この寺では夜に豆まきが行われるので有名です。
 タブノキは参道の奥右側にどっしりと立っていました。幹は空洞になっていますがとても元気です。タブノキはくすのき科で高木、葉はつややか、樹皮からは線香が作られます。 
「越谷市 天然記念物 大聖寺のタブノキ
学名 Machilus tunbergii(マチルス・ツンベルギー)
 昭和58年3月31日指定
 大聖寺境内のタブノキの樹齢はおよそ500年と推定される。幹周りは4m、樹高およそ8mのところで枝分かれし、東西に8.6m南北に9mの枝を張っている。
 なお、幹の南側に幅70cm、高さ82cmの枯損部があり、幹の中は空洞になっているが樹勢は旺盛である。
 タブノキは、古くは魂の宿る木「タマ(霊)の木」から転化したという説があり、クスとならんで各地に巨木が存在し御神木となっている場合が多い。
 万葉集の大伴家持の歌、
「磯の上の都万麻を見れば根を延へて年深からし神さびにけり」
の都万麻(ツママまたはトママ)はタブのことだと言われている。
平成13年3月  越谷市教育委員会 大聖寺」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あかぎ | あかしで | あかまつ | あこう | あめりかすぎ | あめりかすずかけのき | いすのき | いちい | いちょう | いぬまき | いぶき(びゃくしん) | うめ | うらじろもみ | えぞまつ | えのき | えんじゅ | おおしらびそ | かいのき | かき | かごのき | かし | かしわ | かつら | かや | がじゅまる | くすのき | くろがねもち | くろまつ | くわ | けやき | こうやまき | このてがしわ | こぶし | ごようまつ | さいかち | さくら | さねぶとなつめ | さるすべり | ざくろ | しい | しだれやなぎ | しなのき | しらかし | しろまつ | すぎ | すずかけのき | すたじい | すだじい | たけ | たぶのき | たらよう | ちしゃのき | つつじ | でいご | とちのき | とねりこ(たも) | はくもくれん | はるにれ | ひいらぎ | ひのき | ひまらやしーだー | ふうじゅ | ふじ | ぼだいじゅ | むくのき | めたせこいあ(あけぼのすぎ) | もみ | もみじ | もみじばすずかけのき(ぷらたなす) | ゆりのき | らかんまき | らくうしょう | りんご | 中国 | 京都府 | 兵庫県 | 北海道 | 千葉県 | 埼玉県 | 宮城県 | 宮崎県 | 山形県 | 山梨県 | 岩手県 | 徳島県 | 愛媛県 | 新潟県 | 東京都 | 栃木県 | 沖縄県 | 神奈川県 | 福岡県 | 福島県 | 秋田県 | 群馬県 | 茨城県 | 都道府県市町村の木 | 長野県 | 静岡県 | 鹿児島